2017/09/24 初回2点を今永-三上-パットン-山崎の継投でゼロ封!守備では柴田のバックトスが光る! De 2 – 0 神

今永昇太が11勝目!三上が満塁の救援成功!パットン山崎と繋ぎスミ2で虎から逃げ切り!守備では柴田やロペスが軽快な動きを見せる

20170924 (2)

CSを横浜スタジアムでとインタビューに応えた

選手採点(投手)

今永昇太  「6回2/3を無失点、直球の伸びを感じさせた。2度の併殺で凌いだが7回に四死球を絡ませ二死満塁で無念の降板となった」

三上朋也 8 「1/3回無失点、今永が二死満塁のピンチを作り救援。球は甘かったが最後の球が抜けた為に粘っていた打者も打ち損じ、ゼロで切り抜けた」

パットン 7 「1回無失点、被安打1四球1とやや荒れるものの粘る」

山崎康晃 8 「1回無失点、三者凡退で2点差を守り切る」

選手採点(野手)

桑原将志 3 「4打数無安打2三振と音無し」

柴田竜拓 7 「3打数1安打1四球、初回は四球で出塁、2回には技ありのセーフティバントを決める。守備ではゴロをバックトスし併殺を完成させるプレーが光る」

筒香嘉智 6 「4打数1安打、初回に二塁打でチャンスメイク。岩貞の直球に押される場面も」

ロペス 7 「4打数1安打1打点、初回に内野ゴロの間の先制点をあげる、守備でも横っ飛び」

宮崎敏郎 8 「4打数3安打1打点、初回に2点目を叩き出した適時二塁打を含む猛打賞を記録」

梶谷隆幸 4 「3打数無安打1四球2三振、初回はボールを見極め四球を奪うも、後の打席は2三振」

嶺井博希 4 「3打数無安打1四球、初回満塁のチャンスで空振り三振。一死1,3塁では内野フライ。守備では無失点試合の捕手を全う」

倉本寿彦 3 「4打数無安打、9回代打乙坂ヒットも初球併殺に。守備では柴田とのコンビで併殺プレー」

————-(以下途中出場野手)————–

乙坂智 6 「代打センター前ヒット」

Source: \横浜優勝新聞/Hamakko dello sport 横浜DeNAベイスターズファンブログ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です