井納投手には地球の常識は関係ない

1-0の完封勝利です。このカードは打ち合い、点の取り合いばかりが記憶に残っており、こんな僅差の試合など記憶にありません。かろうじて、今永投手が完封勝利を飾った4-0の試合ぐらいでしょうか。今日は常識外の試合でした。お互いにチャンスはつくりますが、あと1本が出ません。あるいはダブルプレーやバント失敗、盗塁失敗で、チャンスをつぶしてしまいます。

その中で、たった1点の得点は、なんと井納投手のバットから生まれました。2回の表、二死から嶺井選手と柴田選手が連続ヒットで1,2塁。ジョンソン投手は、バッター井納選手に内角ストレートを2球続け、井納選手いわく「自分で勝手にまた同じ球が来ると思って」振ったバットがボールを捉え、セカンド菊池選手の頭上をぎりぎり越えてヒットになりました。ウィーランド投手なら分かりますが、井納投手が唯一の得点をたたき出したなんて、信じられません。

相手は強力広島打線。得点はその1点だけ。味方はチャンスをつくりながら、得点できない。普通なら、尋常ではないプレッシャーのはずです。常識的には、この流れだと、どんなにメンタルの強い投手でも、だいたいそのうちに得点を許すものです。それが井納投手は、今日はあまり緊張せずに投げられたとのこと。この人の神経はどうなっているのでしょうか。

好投した井納投手も、6回一死を取ったあと2連打され、球数も100球を超えてマウンドを降ります。その後は執念の継投でした。三上、砂田、須田投手がひとりずつ打者に対して、最後の満塁の場面は、須田投手が初球の高めのつり球でエルドレッド選手をフライに打ち取りました。昨年の球威は完全に戻っていないにせよ、こういう場面を切り抜けるのはさすが須田投手です。須田投手がCSに間に合って良かった。

7回はエスコバー投手。パットン、山﨑投手につなぐ7回のリリーフは、今は三上投手ではなく、エスコバー投手ということでしょう。エスコバー投手がいて良かった。エスコバー投手は先頭打者にヒットを許すものの、送りバントを嶺井捕手が見事に処理してセカンドに送り、ファーストにも転送されてダブルプレー。このプレーも大きかったです。エスコバー投手は回またぎも苦にしないので、8回の先頭の田中選手まで4人の打者を相手にしました。8回一死からは、セットアッパーパットン投手、9回はクローザー山﨑投手。たった1点のリードを守りきりました。ここに来て、パットン投手も山﨑投手も、絶好調で良かった。

ベイスターズ打線はどうにもジョンソン投手を攻略できないし、広島にはいいリリーフたちが休養十分で控えていますから、試合の中盤からは、この流れだともうベイスターズはこれ以上点は取れないかも知れない、この1点を守り抜くしかないと覚悟し始めましたが、予想どおりの展開になりました。胃の痛くなるような場面の連続でしたが、ベイスターズの投手たちは、よく投げてくれました。

ファイナルステージは、広島のアドバンテージの1勝を含めて、2勝2敗の五分になりました。もうハンディはありません。ここからは、五分と五分の勝負です。あと2勝です。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズ
Source: YOKOHAMA lover

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です