天候とは議論できない。今日からしきり直し。

一昨日、昨日と2日連続で試合が中止になりましたが、ようやく台風も通り過ぎました。今日は試合もできそうです。できれば2連勝したあと、広島の先発投手がローテの4番手、5番手となるところに、今永、ウィーランド投手で一気に勝負をつけたいところだったのですが、ラミレス監督の言うとおり天候とは議論できません。

しかし、もっと悪い条件だった可能性もあったのです。例えば水曜まですべて雨で中止であれば、もうそのまま広島が勝ち抜けです。一昨日、昨日だけでなくもう今日も中止になったら、あと2試合しか出来ず、ベイスターズはその2試合で2勝、最低でも1勝1敗が必要で、1敗もできないところでした。さらに明日も中止ななって、1試合に勝負を賭けるのならまだスッキリしたかもしれませんが、2試合やって1試合も負けられないのでは苦しすぎます。

天候は本来どちらのチームにも平等だと思いますが、もしベイスターズが戦わずに負けるようなことがあれば、さすがに天を恨むところでした。雨への恨みで、大昔のことを思い出しました。1980年の春、大洋ホエールズは初めて海外でキャンプを行いました。前年2位と健闘しながら、還暦を迎えた別当監督が「60面下げて、監督なんかやるもんじゃない」と最後までカッコよく勇退し、1960年優勝の立役者だった土井さんが監督に就任した年でした。暖かく雨の少ないアリゾナなら、思う存分練習ができるはずだったのに。その年は、地元の人が「100年に1度の異常気象」というくらいの大雨に連日たたられ、満足なキャンプができず、そのためもあってか大洋はBクラスに沈んだのでした。

あの時に比べたら、2日間試合が流れたぐらい、なんでもありません。初めから3試合のプレーオフだと思って、気持ちを切り替えていくだけです。

海の向こうでは、田中投手のいるヤンキースが破れ、ダルビッシュ投手と前田投手がいるドジャースとワールドシリーズで対決するのは、アストロズに決まりました。雨でベイスターズの試合がない日ということもあり、その試合を見ましたが、アルトゥーベ選手らも凄いけど、やはりグリエル選手の活躍を嬉しく感じました。

何としてもあと2勝して、ベイスターズも日本シリーズへ行きましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズ
Source: YOKOHAMA lover

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です