ベイスターズ詰めの甘さで逆転負け。痛かった三上、倉本の雑なプレーと審判の判定

image
負けられない第2戦。今永、東浜の先発。5回終わって0対1の投手戦。今永いいピッチングも点が取れない。6回表、梶谷のホームランで追いつき、更に宮崎2ランで逆転。ここまでは良かった。6回裏は今永が踏ん張り7回から継投にはいる。
7回は三上が登板。ホークスのようなチームにはボールに力があるエスコバーの方が良かったのではないか。三上はいつも通りの出たとこ勝負のピッチング。ストレートを続けたが甘くなり左中間を破られる。今日の三上の出たとこ勝負は裏目。バントで送られ1アウト3塁。
三上から砂田に代えたたが柳田にタイムリーで1点差。ここで早めにパットン投入。続く今宮は強いあたりだったが柴田がよく捕ってダブルプレーと思われたが倉本が落球。かなり痛いプレーになった。
パットンは粘ってデスパイネを三振に打ち取るが内川にフォアボールを与える。追い込んでいただけに内川で終わりたかった。満塁になり押し出しのプレッシャーがパットンにかかる。やっぱり満塁のパットンは力が出せないのかも。1ボール1ストライクから変化球をライト前に運ばれる。梶谷のバックホームはクロスプレーになる。アウトと思われたがリプレイ検証でセーフになってしまう。今宮の指が浮いていてベースより戸柱のミットに先に触ったように見えたが審判の残念な判定。これも痛かった。
8回のベイスターズの攻撃は2番梶谷からだったが、モイネロの前に凡退。ロペスの当たりはヒット性だが今宮のファインプレーでヒットにならず。筒香も甘いボールを捉えられず。9回もサファテからノーアウトでランナーを出し、送って2塁進めるも、乙坂、戸柱連続三振でゲームセット。
サファテから本気で点を取るならノーアウト1塁または1アウト2塁から足を使って仕掛けてもよかったのでは。
今日の采配の裏目は7回の三上起用だと思う。
8回逆転されてからエスコバー登板させていたが、ならば7回エスコバー8回パットンが正解だったのでは。エスコバー登板なら代打が出ず、江川のままだったはず。その方が打ち取る確率は高かったのではないか。
プレーの裏目は倉本の落球だろう。せっかく勝てるチャンスを雑なプレーで逃すとはもったいなさすぎた。倉本の勉強代はいつも高くつく。これで腐らず、第3戦から取り返すことを信じよう。
次に痛かったのは7回裏先頭明石への三上のピッチング。外角に集め過ぎたし、厳しくいけなかった。
7回2アウト1、2塁内川のフォアボール。もっとストライクで勝負したかった。やっぱり戸柱のコーナーぎりぎり要求がカウント悪くした気がする。でも最後のボールはストライクに見える。判定に泣かされた。でも戸柱リードは必ずカウント悪くなるのでどうしても痛いフォアボールが増える。3戦以降リリーフ陣になったらキャッチャー嶺井に交代してもよいかもしれない。

横浜に戻ってから切り替えて第3戦戦おう。
リリーフ陣の起用法特に三上の起用は慎重に。
あとは打線の復調。桑原が上がってこないときつい。点を取るための思い切った作戦も必要かもしれない。サファテ攻略は足でかき回すしかない。もっとイライラさせよう。
とにかく絶対第3戦は勝ちましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です