浜スタで3つ勝つ為にできること

image
日本シリーズ連敗スタート。ただ過去の日本シリーズで連敗スタートした33回のうち8回も逆転日本一になっている。昨年もファイターズがマツダスタジアムで連敗スタートでしたが札幌ドーム3連勝、勢いで第6戦も制して日本一になった。ベイスターズは決して悲観的になる必要はない。浜スタで立て直しだ。
どう切り替えて第3戦にのぞむかが大事。改めるべきことを考えてみた。
1. ホークス打線の攻め方
柳田:第2戦でやや掴んだと思われる。今永が外角に切れのあるスライダー中心に攻め三振二つ取ったピッチングが参考になるはず。逆に砂田が打たれた場面は初球を外角スライダーでストライクを取り、2球目ボール球のストレートだったが、やや内側に入り捉えられた。ストレートは見せ球として変化球攻めしかないだろう。ウィーランドはチェンジアップ、ナックルカーブを有効に使いたい。
デスパイネ:第2戦で大分掴んだ気がするが内外の低めに変化球を集めるしかなさそう。

2. 桑原の打順
1、2戦とストライクを見逃し、ボールに手を出してしまう悪循環ぶり。どこかのWebサイトの提案のように倉本1番もありだし、自分は思い切った案だけど1番梶谷、2番柴田、6番倉本、9番桑原を提案したい。でも、ラミレスは意地でも変えず、2番梶谷にするだけだろう。

3. キャッチャー起用
キャッチャー戸柱は慎重な配球、ボール球要求もあるなどカウントを悪くする傾向がある。
嶺井は思い切った配球するので戸柱より球数減るが内角に投げきるコントロールがないと初戦の井納のように打たれてしまう。
昨日はバッティングの面も考慮して戸柱だったが打てていないし、明日のウィーランドは嶺井の方がいいと思う。ウィーランドは100球前後に落とし穴があるので、できるだけ球数少なく長いイニング投げさせたい面もあるし。
ベイスターズの中継ぎ陣も誰一人抜群のコントロールがないのでカウントを悪くする戸柱より強気勝負の嶺井がいいだろう。

明日は浜スタのファンがベイスターズを鼓舞して、ホークスにプレッシャーをかけ続けて勝利に貢献するに違いない。筒香、桑原、ロペスが期待に応えてくれるはず。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です