またも1点差。猛追も結局追いつけず。

image
悔しい。悔しすぎる敗戦。3対0から追い上げるも1点届かず。最後はホークス強力リリーフ陣にねじ伏せられる。
やっぱり悔やまれるのは初回の攻撃。1点先制された直後、ホークス武田は先頭の不調桑原に対してフォアボール。何もしなくても点が入りそうな展開にも関わらず、桑原が強引な盗塁を仕掛けて失敗。更に梶谷フォアボールの後のロペス、2ボール1ストライクから真ん中高めきた甘いストレート打ち損じて内野フライ。更に筒香のところで梶谷が初球に盗塁を仕掛けてまたもや失敗。今日の武田なら筒香は歩かされる可能性が高いので、何もせずチャンスを広げてもらった方が良かった。
2回裏は筒香フォアボールの後、宮崎がダブルプレー。武田よくなかっただけに残念な攻撃だった。
4回表1アウト2、3塁からタイムリーで3点ビハインドも4回裏ロペスホームランで1点返す。更に筒香ヒット、宮崎デットボール、嶺井フォアボールで1アウト満塁。しかし、柴田が内野フライ、ウィーランド三振で1点止まり。ここも痛かった。
5回裏もノーアウトで倉本出塁も桑原が粘り切れず中途半端なキャッチャーフライ。
6回はノーアウト1、2塁から嶺井がバントで送り、1アウト2、3塁。柴田のところでピッチャーは左の嘉弥真になったがラミレス監督は代打出さずそのまま打たせる。期待に応え粘ってフォアボールを勝ち取る。ここで代打細川、ピッチャー森に代わると代打の代打乙坂。個人的には打てないかもしれないけど乙坂だってそんなに確率変わらないんだからそのまま細川でいってほしかった。案の定乙坂三振。
倉本は柴田同様に粘りまくって、内野安打で1点を返す。続く桑原もライトにいいあたりを打つが中村の守備範囲で1点ビハインドのまま。
7、8、9回はモイネロ、岩崎、サファテにねじ伏せられ敗戦。
先制され、序盤の攻撃で焦り不調の武田を助けたこと、中盤のチャンスであと1本が出なかったことが追いつけなかった要因だろう。
明日はとにかく切り替えていきたい。流れ変えるため打順変えたい。1番倉本、2番柴田、3番ロペス、4番筒香、5番宮崎、6番梶谷、7番桑原、8番高城、9番濱口はどうか。でもラミレス監督は桑原変えないだろう。起爆剤として細川使おう。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です