人的補償による尾仲移籍について

そうか…
尾仲に決まったか
土曜日に発送されたという
プロテクトリスト
翌、日曜には早くも正式発表とか
余りにも早過ぎんか?
段取りが良過ぎんか?
そもそも
大和の移籍自体
明らかな出来レース
湾岸クライシスにおいても
様々な形で、この裏側を推察してきた
その最も顕著な表れが
ドラフトにおける内野手指名
まあ、その辺りは
過去の記事を読んで頂くとして
この、尾仲指名の裏にも
何らかの力が働いていたのかどうか
答えは明確
既にハマ☆ベイ側と
タイガースサイドにおいて
尾仲という線で
話はついていたということ
これはまず間違いないところであろう

普通に考えて
基本、休みであろう土日に
マッハの速度で重要案件が決まるとか
そんなことはあるのだろうか?
恐らくは球団として
契約更改だのマスコミ対応だの
動いている可能性はあるが
決裁権のあるお偉いさん達に
現場を知る裏方さんだの
皆んなが出社し
候補者の選定からビデオでの確認
金本監督との情報共有に
責任者の承認と
手際良く全てを終えたということか
何れにしても
将来性のある若手投手を求める
タイガースの要請に
数名の中から
両球団の間で尾仲移籍ということで
折り合いがついた
手打ちになった
そう解釈するのが妥当だろう
その方が
変な駆け引きをするより
明らかに両球団にメリットがあり
平和裏に矛を収められる
大人の解決方法
因みに以前、
我らが主筆が予想した
プロテクトリストは以下の通り



▪️投手
熊原、石田、井納、三嶋、山崎、
今永、濱口、尾仲、飯塚、三上、
タナケン、砂田、京山

▪️捕手
戸柱、嶺井、高城

▪️内野手
倉本、白崎、柴田、松尾、宮崎

▪️外野手
桑原、梶谷、筒香、乙坂、佐野、
関根、細川

悩みに悩んだ結果
尾仲 > 須田、綾部、平田という
苦渋の決断を下したこと
このリストを見れば分かって頂けるか
勿論、いろいろなしがらみもあろう
今後のスカウト活動に
支障をきたすため
有力校出の選手は外し難いとか
学閥だとか
それもあって
事前に阪神サイドと
ギリギリのところで
手打ちをした
そう考えるのが至って自然
尾仲はまだ1年目で
ファームで無双した期待のホープ
しかしながら
地方の大学出で
投手としては小柄な
中継ぎタイプ
言い方は悪いが
ドラフトの中位以下で
獲得の可能なタイプ
個人的に非常に残念ではあるが
FAでレギュラークラスの選手を
獲得した以上は仕方ない
そう、納得するしかないわな
これが三嶋とか白崎とか
もっと言うなら
思い入れのタップリとある
須田とか石川とか
結果的に
誰であっても
辛いことには変わりあるまい
勿論、尾仲が成長し
カープの一岡が活躍したように
地団駄踏んで悔しがる
そんな未来が待っている可能性もある
そう、
あくまでも可能性
鳴かず飛ばずで現役を終える
そんな可能性も否定は出来ない
終わったのである
前を向こう
大和の入団に震え
この若者の
前途洋洋たる未来を願おう
前を向くのだよ







湾岸クライシス応援バナー↓

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

ベイスターズメニューへ移動



Source: 湾岸クライシス

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です