闘え大和、お前の使命

こんにちは。昨日は1日何もせず寝ていました。京急百貨店のクリスマストークショーが当たっていたら、万難を排しても出掛けたでしょうが、大人気過ぎて応募しても当たらなかったし。今永くんと石田くん、桑ちゃんのトークショー、聞きたかったな。丈夫なことが唯一の取り柄なのに、風邪引いて5日、ちっとも良くならないのが心配です。今朝は寝ていても仕方ないと家事をちょこちょこやっていますが、元気とは程遠い。かなしきクリスマスイブです。
先日お知らせした、週刊ベースボールの大和のインタビュー、言葉を選んで話す大人の対応が印象的でした。例えば自分の能力が生かせるのはどのポジションだと思うか聞かれ
「ポジションは現場判断ですので、自分は実力でレギュラー獲りにいくだけです。」
セカンド、ショートがターゲットになってくると思いますがと聞かれ、
「今までがどちらかといえば、空いているポジションに当てはめられることが多かったです。僕としてはチーム事情に合わせて試合に出られるのであれば、どちらでもいいという考えです。ベンチの判断で内野だけではなく外野をやってくれと言われれば外野でも出ます。そのスタイルは阪神のときと変わりません。試合に出場することが最優先です。」
うむむむ、大和の守備に対する自信が伝わってくると同時に、タイガースでチーム事情に振り回され続けた悲哀が伝わってくるよ。1番自信のあるショートには、長らく鳥谷が君臨してきた。だから外野にもチャレンジし、ゴールデングラブ賞を取るほどの実力を見せつけた。やっと鳥谷がサードにコンバートし、ショートにと思ったら、起用されたのは若手の北條。北條の伸び悩みによりやっとショートで起用されるようにはなったけど、来シーズンは若手押しの金本監督は大山のコンバートを言い出すし、植田もいる。このまま便利屋で終わるのはとFAを決意して、ベイスターズを勝負の地に選んでくれました。
まずはしっかり実力を見てもらい、レギュラーを競ってもらいたいです。ショートは柴田くんもふくめて3人で競ってほしい。倉本の代わりのショートがいないと言いながら、本職の柴田くんを全く試さないのは昨シーズン疑問でならなかったのですが、さすがに大和を獲得したからには、倉本の聖域化はありませんよね。結果として、ショート倉本、セカンド大和はありうると思っていますが、倉本には大和の守備を目の当たりにしてもらい、自分の守備に対する危機感を感じてもらい、更に進化してもらいたいのです。
大和の使命はベイスターズを優勝させること。確実に守備のレベルが上がるはずです。きっと他の選手にもいい刺激になるはず。チームの力になってほしい。心底期待しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Source: オレンヂ☆デイズ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です