DeNA宮崎敏郎、プロ初の通算盗塁0で首位打者

1

1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/25(月)12:07:29 ID:oZg

<データで見る17年:DeNA編> 

 DeNA5年目の宮崎敏郎内野手(28)が初めて規定打席に到達し、打率3割2分3厘で首位打者に輝いた。
プロ野球初年度の36年と外国人選手を除き、初めて規定打席に到達したシーズンに首位打者は12年角中(ロッテ)以来15人目。
このうち入団5年目以上では76年吉岡(太平洋)04年嶋(広島)08年内川(横浜)角中に次いで5人目になる。
過去14人を見ると、94年イチロー(オリックス)の通算7度を筆頭に、半数の7人がその後も首位打者を獲得。05年青木(ヤクルト)から3人続けて2度以上取っており、来季以降の宮崎にも期待が持てそうだ。

【写真】今永のズボンを必要以上にあげるDeNA筒香

 宮崎は523打席立って三振が47個。今季のセ・リーグ規定打席に到達した28人の中では三振が最も少なく、三振÷打席数で計算する三振率は9分。三振率が1割切ったのも28人の中で宮崎だけだった。三振が少なく、バットに当てることは自信がある宮崎だが、足には自信がない。今季も盗塁0で、プロ5年間でまだ盗塁を記録していない。通算の盗塁失敗も0で、盗塁を試みたこと自体がまだない。その年に盗塁0の首位打者は01年福浦(ロッテ)12年阿部(巨人)に次いで3人目も、2人は首位打者獲得年の前に盗塁をマーク。通算盗塁0の首位打者はプロ野球史上初めてだ。

※全文は下記リンク先より
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00083001-nksports-base

2: 名無しさん@おーぷん 2017/12/25(月)12:08:08 ID:Hc3
マジか


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です