ゲンダイ「大台選手倍増も DeNA“暖冬”更改のシワ寄せに泣く社員たち」

1: 風吹けば名無し 2017/12/26(火) 15:03:55.86 ID:OoY8d7/00
1


大台選手倍増も DeNA“暖冬”更改のシワ寄せに泣く社員たち

「来年も頑張るモチベーションになった」

 25日、契約更改に臨んだDeNAの山崎康晃(25)が笑顔を見せた。今季リーグ最多タイの68試合に登板。7000万円アップの1億5000万円でサインした。
 これでDeNA全選手の契約交渉が終了。“超暖冬”更改となった。
3位からのCS突破と日本シリーズ進出が評価された形だが、フロント幹部の脳裏にはアノ不名誉な数字が焼き付いている。
 DeNAのチーム年俸は今季まで5年連続で12球団最下位(15億8622万円=日本人選手のみ)。
選手会のアンケートでは契約更改に関する満足度も最下位だったことが週刊誌に暴露されたのが影響したのか、今オフは大盤振る舞いで、1億円超の大台突破も2人から4人に増えた。
 計算すると、来季の日本人選手総年俸は20億9905万円。
前回の15億8622万円と比べて5億円以上も「昇給」した。
久保康友ら今オフ退団した選手の年俸を引いても2億円以上のベースアップ。「最下位」脱出は確実となった。

その一方で、ある球団関係者はこう漏らす。
「ソフトバンクの内川や和田が契約更改の席で二軍施設の立地や食事環境について注文をつけたニュースには驚いた。
ソフトバンクは来季、年俸4億円以上の日本人選手が5人。1億円プレーヤーに至っては13人もいる。金額は申し分ないはずなのに、まさかの問題提起。選手が『モノを言える環境』には感心するものの、球団内はざわついた。
クレームは言い出したらキリがないし、こんな不平不満が公になれば、うちだって改善せざるを得ないからカネもかかる。
球団は徹底した成果主義で、契約社員が中心。給料や待遇はすでに厳しい。この先、モノ言う選手が出てくればさらなるシワ寄せで社員が泣く」

 選手とは対照的に、スタッフたちは“極寒”だ。

4: 風吹けば名無し 2017/12/26(火) 15:04:34.65 ID:zaPdfPd0a
なソゲやん

3: 風吹けば名無し 2017/12/26(火) 15:04:25.77 ID:Xy7GjpTo0
ソース草
解散

5: 風吹けば名無し 2017/12/26(火) 15:04:44.86 ID:WeqWhu/M0
やっぱな


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です