DeNA今永、筒香の勧めで新球ハードカーブを習得 

2017071700393

1: 風吹けば名無し 2018/01/04(木) 05:43:51.47 ID:EJMqdqya0

DeNA・今永、新球ハードカーブを習得 筒香の“金言”がきっかけ

 DeNA・今永昇太投手(24)が、このオフに新球としてハードカーブを習得することが3日、分かった。昨季終了後、主砲の筒香嘉智外野手(26)からの“金言”がきっかけになったという。今季の開幕投手の有力候補が、新たな“武器”で3年目のさらなる飛躍を目指す。

 速く、鋭く-。昨季、チームトップの11勝を挙げた今永が、3年目の今季へ向けて新たな球種の習得プランを明かした。

 「スライダーに近いイメージですけど、スピンの効いたカーブですね。ハードカーブです。山があって、下りが強いイメージです」

 山を描くように変化が大きく、従来の「ドロン」と曲がって落ちるカーブよりも回転数も多いため、スピードに乗ったまま曲がり落ちる。米大リーグでも投げる投手が多く、その力強さから「パワーカーブ」とも呼ばれている。今永は「120キロ台後半が出たらいい」と理想を挙げた。

 習得へのきっかけは主砲の一言だった。昨年11月下旬のイベントで同席した筒香から「昇太(今永)、何でホークスのリリーフ陣の防御率がよくて、打ちにくいか分かるか? ハードカーブを投げる投手が多いからだと思う」と言われたという。

全文はリンク先にて
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180104/den18010405000001-n3.html


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です