記者「生活にストレスはないか?」 ウィーランド「ない。私はスシが好きだ。日本の文化も好き。チームメートはみんな素晴らしい」

1: 風吹けば名無し 2018/01/27(土) 18:28:31.49 ID:J4TcNtg10
DeNA・ウィーランド 2年目の今季は“二刀流”?

20180127-00000023-tospoweb-000-1-view

【核心直撃】日本1年目となった昨季、いきなり10勝(2敗)の好成績でDeNAの日本シリーズ進出に貢献すると、オフに契約を延長。シーズン3本塁打を放つなど打棒でも活躍した右腕ジョー・ウィーランド投手(28)が本紙の独占インタビューに応じ、日本2年目となる今季への意気込みを語った。

 ――昨季を振り返って。いきなり日本シリーズに出られると思っていたか

 ウィーランド:正直、想像していなかった。米国にいた時、DeNAは若い力があって成長しているいいチームと聞いていたけど、まだ先のことだと思っていた。自分なりに貢献することができたと思う。

 ――昨季は10勝をマークし、CSでも2勝。それだけではなく打撃でも3本塁打を放った。「8番・投手」を採用したラミレス監督はどういう存在か

 ウィーランド:チームのリーダーで決断をする存在だし、リスペクトしている。監督として素晴らしい仕事をしたと思う。若い力も引き出していたと思う。外国人選手にも直接、アドバイスをくれた。日米の野球の違いを教えてくれた。

 ――大谷がポスティングでエンゼルスに移籍し、今季、日本での“二刀流〟といえばウィーランド選手ということになる

 ウィーランド:正直、(打撃は)大谷君とは比較にならない。自分は“大谷2世〟にはなれないよ。昨季はたまたまいい結果が出ただけ。大谷君にはメジャーでも二刀流で成功してほしい。日本のファンもそれを願っていると思う。

 ――そうはいっても昨季以上に本塁打を打つつもりでは


 ウィーランド:ハハハッ。正直、今は今季の打撃のことは考えていない。その質問は春季キャンプでまた聞いてほしい(笑い)。

 ――整体師の資格を持つベス夫人の存在は日本での成功に大きかった

 ウィーランド:妻の支えが成功の要因。一緒になって支えてくれた。そういう存在が家に帰ると待っているというのは素晴らしいこと。

 ――日本での生活にストレスはないか
 ウィーランド:ストレスはない。私はスシが大好きだ。試合前は必ず食べる。
食事だけではなく日本の文化も大好き。食べ物も文化も何でも一度は試してみた。
食わず嫌いはしなかった。人生にプラスを与えてくれる。

 ――DeNAのチームメートはどういう存在か
 ウィーランド:みんな素晴らしい。若い選手が多いし、ベテランもいてチームはいいバランス。楽しい時と何かしなければならない時でピリッと変われる。特に筒香がものすごいキャプテンシーを持っていて引っ張っている。石田や今永ら先発陣も明るく素晴らしい選手ばかり。明るい将来が待っているんじゃないかという選手が多い。彼らとは食事も一緒に行くこともあるし、本当に仲良く接しているよ。

 ――日本2年目となる今季に向けて

 ウィーランド:ベイスターズに優勝をもたらしたいという気持ちでいっぱいです

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000023-tospoweb-base


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です