ラミレス監督 昨年の反省を生かし、盗塁しやすい打順にするかも?

daldena-20180213-0115-001-p-0

1: 風吹けば名無し 2018/02/13(火) 19:55:50.79 ID:QUaZ0Kaw0

記者「昨年はバントと盗塁が少なかったが?」

ラミレス

 去年は梶谷が21、桑原が10盗塁だった。去年はこの2人以外は、盗塁ができる人がそんなにいなかった。

 梶谷は2番打ったり7番打ったりしていた。打順で梶谷の前や後に誰が打つかというところで、盗塁しやすい場面、しにくい場面があったと思う。

 今年は大和が入って2番打ったり、まだどこを打つか分からないですけど。大和が盗塁の部分で大きく担ってくれると思います。1試合1試合見て、トータルで塁を多くやるというよりは、試合の状況、ケース・バイ・ケースで盗塁はやっていくと思います

 今年も大和が2番に座れば、そこでバントをさせて筒香に回すのか、もしくは大和をそのまま打たせて筒香。その辺はいろいろなデータも意識しながらケース・バイ・ケースになってくると思います」

https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4568021


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です