日本カーリングの新たな1ページ

おはようございます。昨日は女子パシュートの金メダル観ましたよー! テレビの字幕は「このあとすぐ」と書いておきながら、競技予定時刻はあと1時間って詐欺やん! と思いながらも、ワクワクドキドキ観ました。オランダも強かったけどね、最後まで手に汗を握りましたよ。悲願の金メダル、おめでとうございます!
で、タイトルのカーリング、男女とも敗れてしまいましたが、女子は次の試合の結果ほにより準決勝進出決定! オリンピック史上初の快挙!
でも男子はここで敗退…。地元韓国との対戦。完全アウェーの中、奮闘するも調子が狂ったのか、ミスショット。負けを認めたあとの苦痛の表情…。「悔しい、勝ちたかった。」インタビューで泣きじゃくる両角公佑、一方淡々と振り返る兄のスキップ両角友佑。20年前、地元で行われた長野オリンピックのカーリング会場、並んで目を輝かせて見ていた幼い兄弟は20年ぶりの出場の立役者。「正直言えばもっとインパクトを残したかった。」確かに、決勝トーナメント行きたかったよね。表彰台目指していたものね。でも、カーリングは女子だけじゃない。今回の平昌五輪、何気なく見た男子カーリング、私の心には凄いインパクトと感動を残しましたよ。タレ目に鋭い闘志を漲らせてその一投にかける友佑さんの姿には胸を撃ち抜かれました。本当にかっこよかった…。
どうか、これからまた男子カーリングが冬の時代を、迎えないよう、企業などの支援が受けられて、競技を安心して続けられますように。
野球のことは夜書きます。タレ目のイケメン(?)といえば、横浜に戻っていた水野くん、右肩のクリーニング手術が無事終わったそうです。ここからリハビリして、しっかり投げられるようになりますように!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Source: オレンヂ☆デイズ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です