2/24 オープン戦 vs 読売 〜新戦力の活躍で初陣を勝利で飾る〜

オープン戦がついに始まりましたね。

開幕戦まであと1ヶ月ほどになり、各チームは本格的に実戦モードに入ります。
オープン戦の初戦は読売ジャイアンツ
昨年、ベイスターズとCS進出を争った相手です。
【ベイスターズ スタメン】
1(中)桑原
2(遊)大和
3(左)筒香
4(一)ロペス
5(三)宮﨑
6(指)ソト
7(右)細川
8(捕)嶺井
9(二)倉本
先発投手は熊原でした。
対する読売のスタメンは
陽(右)吉川尚(二)、坂本(遊)、ゲレーロ(左)、マギー(三)、阿部(指)、岡本(一)、小林(捕)、重信(中)、中川(投)
最初にチャンスを迎えたのはベイスターズでした。
【3回表】
2アウトから倉本がヒットで出塁、桑原の打球をショート坂本がファンブルしてランナー1塁、2塁
しかし、つづくバッター大和は粘ったものの最後は空振り三振
筒香は1打席目に三振の後、乙坂に交代しました。
逆にピンチを迎えたのは5回裏でした。
2アウトからファーストロペスがまさかのトンネル!
その後フォアボールで1・2塁とされるも陽を見逃しの三振
熊原は5回を投げ、被安打1、四死球2、奪三振3とほぼ完璧な内容と言っていいんじゃないでしょうか。
{16DF2341-6459-45AA-988D-897641192401}
練習試合では結果を出せなかった熊原でしたが、この結果で1軍入りのアピールはできたのではないかと思います。
【6回表】
この回は先頭の桑原から
レフトへのヒットでノーアウトのランナーが出ました。
つづく大和、乙坂は凡退
バッターロペスのところで桑原が盗塁成功!
しかしロペスはあえなく空振り三振でチャンスを活かせませんでした。
【守備変更】
(投)熊原 → 櫻井、(中)桑原 → 楠本、(遊)大和 → 宮本、(一)ロペス → 中川大
{D15C79DF-9C14-4996-AC3D-C266E34D7957}

櫻井は奪三振を1つ取り、上場の出来栄えだったと思います。

【7回表】
1アウトから6番ソトにホームランが出ました!
{CF39F2C6-4285-4705-B6FA-ABB569257C30}

1-0とベイスターズが先制!


【守備変更】
(投)櫻井 → 笠井、(三)宮﨑 → 白崎、(二)倉本 → 柴田
【8回表】
途中出場の楠本がライトへソロホームラン!

{9C3B9701-A959-4492-A86B-A6D8276DD552}

先日の練習試合につづくホームラン
楠本の調子の良さを感じられる一発でした。
2-0とベイスターズがリードを広げました。
その後は相手のエラーとボークで1点を追加し3-0としました。
8回からマウンドには国吉が上がりました。
{1DD9F7EA-F88C-41BB-A242-20848749F426}

最終回にホームランを打たれましたが、その後を抑えてゲームセット!!

【試合結果】
横浜  000 000 120|3
読売  000 000 001|1
勝  櫻井   S 国吉
敗  谷岡
本塁打
(De)ソト1号ソロ(7回表)楠本1号ソロ(8回表)
(読)和田1号ソロ(9回)
ソトのバッティングが好調をキープしています。
外国人枠争いが熾烈なものになってきますね。
ただ、ここ数年のロペスを除く外国人バッターには、シーズン中も活躍できるかといえば疑問が残ります。
(ロマック然り、シリアコ然り…..)
土のグラウンドによるエラーが両軍ありましたが、これには凡事徹底を願うばかりです。
ベイスターズ投手陣は4人で読売打線を3安打に抑えました。
これは開幕1軍もあり得るのではないでしょうか。
今日の内容は期待が持てるものだったと思います。
最後に、ここ数試合で楠本の活躍ぶりが目立ちますね。
大抜擢!なんてこともあるんじゃないかと思わせてくれます。
オープン戦の初戦を勝利で飾ることができました。
今シーズンもたくさんの勝利を我々に見せてほしいです。

[ I☆YOKOHAMA ]

    \(*^○^*)/

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

↑にほんブログ村のランキングに参加しているたぬ

↑良かったらクリックよ・ろ・し・く!!

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です