2/25 オープン戦 vs 楽天 〜昨年末に海外で活躍した2人が躍動〜

さて、アトムホーム宜野湾でのオープン戦

対戦相手は楽天でした。
【ベイスターズ スタメン】
1(中)桑原
2(二)大和
3(左)筒香
4(一)ロペス
5(指)宮﨑
6(右)梶谷
7(三)ソト
8(捕)戸柱
9(遊)倉本
右肩の故障で2軍キャンプスタートだった梶谷が1軍に合流しました。
ラミレス監督は、梶谷の具合をこの1試合を使って見るというところに重点を置いていました。
先発投手は濱口でした。
その濱口が初回から楽天打線に捕まり、いきなりの3失点
高めに行った球を打ち込まれれいましたが、2回以降には立ち直り新球のスラッターにも手応えがあった感じでした。
打線は楽天の則本に3回をヒット1本に抑えられ攻略できず。
5回からマウンドに上がったエスコバーが今江に3ランを浴び0-6と大量リードを奪われました。
3番手に上がった三上はきっちり三者凡退
ベイスターズの反撃は6回裏
ヒットとフォアボール2つで満塁となり、宮﨑がこの回3つ目のフォアボールで押し出し
しかし、後続が続かず1点止まりでした。
4番手の武藤は良いところなく1失点
【7回裏】
ソトがセンターへのヒットで出塁、6回に続き先頭のランナーが出ました。
代打の中川大もヒットで続きノーアウト1・2塁
途中出場の宮本はファーストゴロ
メキシコの英雄「オトサカトモ」が3ラン!!!
{0BF67190-6C0E-4A9C-83DB-C574BB62F408}

レフトスタンドに飛び込む3ランで反撃の兆しが見えてきました。

さらに8回裏
今度は台湾ウインターリーグのMVP、佐野が特大の一発!
{586DD4A4-202C-40EE-9DA7-12E8990AE4FF}

乙坂、佐野のホームランで反撃を試みるもここまででした。

【試合結果】

楽天  300 030 100|7

横浜  000 001 310|5
勝  則本  S  宗
敗  濱口
本塁打
(楽)今江1号3ラン(5回表)
(De)乙坂1号3ラン(7回裏)佐野1号ソロ(8回裏)
乙坂と佐野はそれぞれ昨年末に海外で活躍した2人です。
ホームランは素直に嬉しいですが、6回裏の攻撃で大量得点がほしかったところですね。
春季キャンプはもうすぐ終わり、今度はオープン戦が続きます。
各選手の試していることが、1日も早く身に付いてほしいものです。

[ I☆YOKOHAMA ]

    \(*^○^*)/

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

↑にほんブログ村のランキングに参加しているたぬ

↑良かったらクリックよ・ろ・し・く!!

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です