ピッチャーと守備が空回り。攻撃陣もカバーできず追いつかない程度の反撃。ファンの期待裏切る開幕戦の敗戦。

久しぶりのハマスタ開幕戦なのとメディア露出の多さから事前の盛り上がりは最高潮。

でも試合は…。ベイスターズのもろさをさらけ出した試合になってしまいました。
先発石田は開幕戦の緊張と昨年二の舞は避けなければというプレッシャーで初回から余裕なしのピッチング。なのに野手陣に足を引っ張られてじまいました。
Screenshot_20180330-235913
1番山田は石田の緊張もあり戸柱リードだとおなじみのフルカウント。それでも変化球をコーナーにコントロールしてショートゴロに打ち取ったと思われたが、緊張からなのか大和がまさかのエラー。
ピッチャーを助けるはずの大和の守備に足を引っ張られました。石田は不運としか言いようがないですね。きっとこのエラーがなければ三者凡退だっただけに痛すぎました。
山田にすかさず盗塁を決められノーアウト2塁でピンチを広げてしまいましたが、それでも続く山崎のバントがフライになり1アウト。
Screenshot_20180330-235932

せっかくアウトもらったのに、バレンティンを打ち取れば勢いつくはずなのに、戸柱のコーナー狙いすぎリードのせいか石田が緊張からコントロール乱したか分からないけど、ストレートのフォアボール。
Screenshot_20180330-235938

さらに青木に対してもバッテリーの意識し過ぎと思いますが、デッドボールで1アウト満塁にしてしまいました。
ようやく石田は開きなおり川端を浅い外野フライ打ち取ります。ボロボロのピッチングだったけどあとアウト1つまできました。
それでもバッテリーは粘り切れませんでした。昨年あれだけ打たれた坂口にまだ対策できないのか?という感じのレフト線に運ばれるヒットで2失点。
意識し過ぎて自滅という言葉がぴったりのピッチングだったと思います。初回をしのげばのっていける可能性もあっただけに悔しい失点になりました。
対するベイスターズ攻撃陣はブキャナン対して大和が意地のヒットでランナーに出るがラミレス期待の初回に筒香は火を吹かず反撃にはならず得点なし。
3回には川端に2ランホームランを打たれて、更には倉本と神里のまずい守備でポテンヒットになり5点目を取られてしまいました。まだ不慣れな二塁手の倉本がリードできず新人神里も遠慮してしまい、フライ2人の間に落ちる痛恨の守備で更に失点。ハマスタのフェアゾーンに戻ってくる特徴を知っているはずの倉本何とかしてほしかったですね。
5点リードはスワローズバッテリーに余裕を与えスワローズブキャナンにのびのび投げられてしまいます。
弱いベイスターズがかつて何度もやらかしたパターンです。
ロペスや宮崎に一発は出ましたが、得意の追いつかない程度の反撃になってしまいました。
6回以降中継ぎ陣登板も国吉、たなけんが1失点ずつと反撃ムードもなくなってしまうピッチング。
ピッチャーが打たれても打線がカバーすればよいのですが、序盤の失点が多すぎました。
それでもブキャナンなんだから3回までに2、3点返せればよかったですがそれもなし。6番、7番機能しなかったからなのかもですね。ものすごく盛り上がっていただけに寂しいですね。開幕戦は痛い敗戦となってしました。
三浦が何連敗もしたようにただの一番手ピッチャーでは勝てないことよくわかったと思います。大エースがいないチームの開幕戦の勝ち方をもっと勉強しないとだめですね。
トゥモアナでしょうけど下手すると3連敗するので明日は絶対に勝たないといけないです。最少失点に抑える守り、それを上回る攻撃を見せましょう。
できたらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村