DeNAが使用してる『ミナトシステム』『キャンバスシステム』がヤバすぎる

623abbb0

1: 風吹けば名無し 2018/04/03(火) 09:48:24.10 ID:8wRjVyAf0

プロ野球のDeNA、知られざるミナトとキャンバスという武器

 ベイスターズが主に使うシステムは「MINATO(ミナト)システム」と「CANVAS(キャンバス)システム」だ。「ミナトは戦略、キャンバスは戦術のためのシステムだ。それぞれコーチや選手、監督の意思決定を支えている」(データ分析に関わるチーム統括本部チーム戦略部壁谷周介部長)。

 ミナトシステムは基幹データベースといえるシステムで、選手や試合に関する様々なデータを蓄積してチームの強化に役立てる。入力するデータは試合結果や個人成績からコーチが選手を指導した内容、フィジカルトレーニングの内容、選手の健康状態まで。1軍だけでなく2軍の選手も含む。データを集約することで、チームに不足している戦力や強化すべき選手、具体的な強化方法が一目瞭然になる。情報を属人的に管理するのではなく、コーチやスカウトといったマネジメント層が共有できるようになるのは大きい。

 キャンバスシステムは実戦の詳細データの記録・分析システムだ。12球団の選手についてのデータをつぶさに記録し、投手と打者の相性を分析して打順の組み立てや交代投手の選択に役立てる。キャンバスのデータは試合前のミーティングでも積極的に活用する。

 ラミレス監督は両システムをバランスよく活用するという。キーとなる選手の調子や相手チームのキープレーヤーの弱点、試合当日の先発に対して誰が相性がいいのか。総合的に判断して試合の打順などを決める。 

 ミナトシステムで集めたデータはスカウトにも明確な判断基準を与えてくれる。例えば、2017年にFA(フリーエージェント)で阪神タイガースから獲得した大和選手。獲得に動く際には、ベイスターズに入団した場合、どれくらい得失点差に影響するのかといったデータを導き出したという。二遊間が弱いというチームの弱点を分析し、そこに守備力が高く得失点差にも好影響を与えてくれる人材は誰かという目線で探したのだ。さらにそのデータをどれくらいのオファーとして年俸に反映させるのかといった判断もデータから推定したという。「高田(繋)GMなら、長年培った経験で大和の潜在能力は測れるはず。一方、年俸の適正価格をはじくところまでは難しい。プロの意思決定を支えるためのデータ分析ができた好例だ」(壁谷氏)。 

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00229/033000003/?P=1

 FA選手への適正年俸まではじき出す模様



続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です