【速報】横浜DeNA浜口、復帰目安は「5月初めの連戦」

1: 風吹けば名無し 2018/04/06(金) 08:19:46.06 ID:lL8FHLuO0
横浜DeNA浜口、復帰目安は「5月初めの連戦」 ラッキーカラー「緑のグローブ」で1軍マウンドへ

20180406-00010000-abema-000-3-view

 3日午後、復帰が待たれる3本柱の1人、昨シーズン10勝(6敗)の左腕・浜口遥大投手の状況について、横須賀市長浦にある横浜DeNAベイスターズ総合練習場を訪れ、本人と関係者に話を聞いた。

 浜口は昨シーズン、監督推薦で出場を決めていたオールスターを「左肩の違和感(機能不全)」で辞退した経緯がある。その際に経験した痛みとの違いについて「思ったよりも症状が強く、(痛みや違和感)抜けるまでに時間を要してしまった」と説明するも、復調に向けた手応えも感じている。「ブルペンレベルですが、一通りの球種を“しっかり腕を振って”投げられるようになっています」と語った明るい声が、何よりの証だろう。

 その一方、気になる復帰までの道筋については、「自分としては『4月中には戻りたい』という思いはあるのですが、まず実践復帰がいつ頃になるのか、そこからどのような段階を経て状態を上げていくのかなど、トレーナーやコーチと相談しながらになると思います」と話すに止めた。

 浜口の復帰について2軍投手コーチを務める川村丈夫氏は「今永とウィーランドが同じくらいの復帰タイミングという認識ではいるが、浜口は少し遅れている」と、現状を説明した。続けて川村氏は「上の苦しい状況も理解できるが、肩となると慎重にならざるを得ない。上に行ったからには、残りのシーズンをずっとそこで頑張ってもらいたいので、まずは今週中にバッティングピッチャーを務めてもらい、その様子を見て、来週あたり実戦形式で1イニング。そこから段階的に仕上げていければと考えています。今永らと比べれば、2週間ぐらいずれ込む見通し。5月初めの連戦に間に合えば」と、慎重な姿勢を崩さなかった。

続きはリンク先にて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00010000-abema-base


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です