皮膚用接着剤で傷口塞ぎ DeNA宮崎敏郎が戦う左手の血行障害

1: 風吹けば名無し 2018/04/11(水) 13:04:41.28 ID:Jk4CyTA+0
1


皮膚用接着剤で傷口塞ぎ DeNA宮崎敏郎が戦う左手の血行障害 

八回に巨人の上原から貴重な同点打を放ったDeNAの宮崎敏郎(29)は昨季の首位打者。対戦相手は宮崎封じに躍起となっているが、あるスコアラーはこう言って頭を抱える。

「宮崎は研究してもムダ。あんなにデータがアテにならない選手はいない」

 しかし、開幕9戦で打率・212、1本塁打、3打点と低迷。やはり攻略されているのか。その実感を本人に聞くと、首をかしげてこう言った。

「あまり感じないですね。というか、自分には関係ないかなと思うんです。僕の場合は『打てる』と思ったところに(ボールが)来たら当てにいく感覚なので。今は対戦投手より、僕が戦っているのはコレかも」

 そう言って見せたのは、左手の人さし指。右手に比べて全体的に皮がむけ、指の付け根付近にはアカギレができていた。

「社会人時代(セガサミー)から(左手の人さし指が)血行障害なんです。冷たいような感覚で他の指に比べて爪もあまり伸びないし、傷やケガも治りにくい。だから皮膚も右手と比べてボロボロ。ホラ、全然違うでしょう。アカギレは皮膚用のアロンアルファを塗って傷口を塞いでいます。ずっとだましだましやっている感じ。だから少しでも早く暖かくなってほしいですね」

 気温の上昇とともに、宮崎の調子もうなぎ上りになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000021-nkgendai-base


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です