右打ち専念後の大和 打率3割越え

 2018-04-13 21-20-37-632

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/14(土)03:15:25 ID:G5k

スイッチやめて大成功!“右打者”大和がタイムリー2本 専念してから3割超え

 スイッチヒッターをやめて右打ちに専念することを決めた横浜DeNAの大和内野手(30)が大活躍。4月13日の試合で2本のタイムリーヒットを放ち、移籍後初のお立ち台に上がった。

 大和は阪神時代の昨季、両打ちに挑戦しスイッチヒッターとして打率.280を残した。しかし、今季は開幕から不振が続き、左打席での成績は.133。左打ちに限界を感じていたという大和は4月7日の試合から右打ちに戻す決断をしていた。

 すると迷いも消えたのか、打撃は上り調子に。8日の広島戦で3安打の猛打賞を記録すると、13日の中日戦では3回と7回の2度に渡り同点に追いつくタイムリーを放ち、今季12試合目にして初の打点を上げた。お立ち台では「前の打者がいい形で回してくれたので、なんとか打ちたいと思って打席に立った」「後ろにいい形でつなげようと思った結果」とつなぎの意識を強調したが、これで右打ちに専念して以降、26打数8安打と3割を超えることに。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00010018-abema-base


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です