強いじゃん。石田に勝ちをつけるいい逆転勝ち!

5連勝でハマスタに帰って来て、更に勝ちを延ばしたい試合でした。

石田は相変わらずだったけどチーム全員で支えて勝ちをつけました。やっぱり石田に合うキャッチャーは戸柱じゃないことが判明しましたね。石田には元々の得意球である右打者の内角ストレートを強気でサイン出せるキャッチャーじゃないとつとまらないと思ってました。ビシエドにめちゃめちゃ痛い3ラン打たれたけど、石田のピッチングはこれを怖がりすぎると成り立たなくなってしまいます。
今日はやってしまったけどチームメートに助けてもらいましたね。
ビシエド3ラン打たれて5対2となってからの反撃見事でした。追いつかない程度の反撃ではなく、粘って勝ち切る強さを感じた攻撃でした。

Screenshot_20180414-000106

6回、クリーンアップの3人が次に繋ぐ気持
ちで出塁して1アウト満塁から嶺井が犠牲フライで1点を返します。
Screenshot_20180414-000213

7回、代わった又吉から代打乙坂が粘りまくってフォアボールを選びます。好調倉本は右中間を破って1点差。
Screenshot_20180414-025529

神里のバントはピッチャー正面でしたが、3塁への送球ややそれ、倉本の走塁もよく3塁セーフになります。押せ押せムードの中、神里は盗塁で2、3塁とプレッシャーをかけます。
Screenshot_20180414-000456

大和が期待に応えるタイムリーヒットで同点。この勝負強さは昨年というかこれまでのベイスターズにはありませんでした。強くなったんですね。
Screenshot_20180414-000613

筒香は内野ゴロで1アウト1、3塁。ここでロペス。3塁線に強いゴロ、3塁ランナー神里はいいスタートで楽々ホームイン。とうとう勝ち越し。7回まで粘って投げていた石田に勝ち投手の権利。

Screenshot_20180414-000815

ここからはリリーフが守りました。8回パットン、9回は連投の康晃お休みで井納が見事なリリーフ。2人ともここ数試合不甲斐なさを吹き飛ばすいいピッチングでした。
昨年のカープみたいな強さを感じた逆転勝ちでした。6連勝なんて凄いですね。ベイスターズはピッチャーが揃わないのでどうしても大きな連勝ができないチームでした。でも今年は違います。3本柱がいなくてもチーム全員で支えての6連勝です。
Screenshot_20180413-235902

3回石田が2アウトランナーなしから逆転されましたがその裏、倉本が神里のレフトフライで1塁からタッチアップで2塁に進みます。
直後に大和タイムリーで2対2の同点に追いつきました。
誰かのミスをみんなで補う、ぐだぐだの展開でも最後は勝つ、これが今年の強いベイスターズです。明日もお願いします。

できたらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です