【ゲンダイ】3連敗のDeNA 拙守連発は“東京五輪仕様”の人工芝も一因か

1: 風吹けば名無し 2018/04/26(木) 13:44:53.63 ID:L/f5qxbT0
1

バックが崩れた。

 25日、DeNAが2ケタ11失点で広島に連敗。原因は“記録より記憶に残る”お粗末な守備だ。

 二回途中、7失点で降板した投手の京山もひどかったが、それが野手に伝染した。三回の先頭、投手の岡田が打った一塁線の打球をロペスが捕れず右前打。続く田中の内野安打も二塁・倉本が打球を捕り損なったものだった。

 これで無死一、二塁。菊池の中前打で満塁となった後、丸が併殺コースの二ゴロを打つも、倉本からトスを受けた遊撃・大和がポロリだ。さらに松山に二塁打を許し、この回だけで3失点。記録上は「ノーエラー」だが、投手はたまったものではないだろう。

 拙守の原因のひとつは昨オフに張り替えた人工芝にある。永池内野守備走塁コーチはこう言う。

「芝生が乾いているときと濡れているときでは打球の跳ね方が変わってくるんですが、(ハマスタの新しい芝は)長いので水分を含みやすい傾向にあります。選手はそれに慣れていないのかなと。オープン戦の期間中、あまり(ハマスタで)試合をやれなかったというのがある。言い訳かもしれないけど、やっぱりホーム(球場)なので、シーズンでは試合も多くやることになる。もう少し経ったら芝も寝てくるだろうから、そこも練習していくしかない」

 DeNAがハマスタでオープン戦を戦ったのは15試合中、1試合だけ。2試合が中止になっている。

 倉本も「人工芝の感覚はかなり苦戦している。(昨季まで遊撃だったが今年から二塁手になって)景色が違うのもあるし、ショートのときは、まだランナーの来るタイミングがなんとなく分かるけどセカンドはまだ……。練習で試合のような守備をやらないから感覚がつかめない」と話す。

 東京五輪仕様で張り替えた芝生が、こんな形で自軍に牙をむくとは……。


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です