DeNA三嶋一輝さんが復活した理由

0424_01b

オフの取り組みと復活の兆し

 昨年のシーズンオフ、どうすれば輝きを取り戻せるのか、感覚の違いは何なのか、自分を見つめ直した。たどり着いた答えは“身体の使い方”。プロのピッチャーとしては、決して大きくない176センチの体躯と向き合った。

 まずは下半身を苛め抜いた。10キロ走を繰り返し、疲れきった状態だからこそ気付く筋肉の使い方を感じとることができた。また、年齢を重ねるにつれ、筋力も身体の柔らかさも変わっているはずと考え、ピラティスにも挑戦した。正しいストレッチ、バランスを強化することで、理想的な姿勢や動作を学んだ。
  
 オフのトレーニングの成果は、如実に表れる。柔らかくなった身体としなる右腕。オープン戦でも結果を残し、開幕から一軍に名を連ねた。

 開幕してからも好調を持続し、武器であるストレートはトラックマンの測定で「154キロ」を記録。これまでも投げていたフォークは、同期でもある井納翔一のアドバイスを受け、キレを増した。

 4月21日のヤクルト戦、先発のバリオスが3回でマウンドを降りると、3点を追う4回から登板。145キロ超のストレートに、スライダー、カーブを織り交ぜ、3回を無失点に抑えて試合を立て直した。特に、山田哲人とバレンティンから、ストレートで三振を奪った場面は圧巻だった。結局、チームは延長の末に逆転勝ち。ラミレス監督からも「勝利のキーマン」と絶賛された。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00151461-baseballk-base&p=1


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です