6,8回 無死満塁を抑えたのが全てだったかな。

いや~他山の石にもなるんやろうけど、無死満塁、ここでどうするかなんですよね。

併殺でもいいんです。点を取るためには。ただそれがホームゲッツーなら最悪中の最悪であり、それが今日の場合は、うちはホームと三塁を封殺したみたいですからね。ここやろうな。その場面みてへんかったけど、すごいプレーですね。

でもって、いつかあるやろなと思っていた緊迫した場面での三嶋の登板が、さっそっく出たのは、たまげてしまいました。
8回エスコバーの後をうけて2死満塁の場面2ボールになった時、アバなコントロールなので終わってまうかな?って思ってたら打たれた瞬間、球場がどよめき筒香が見上げていた時は終わったと思いました。その後打球は失速するではないですか。
辛うじて三嶋の敗戦は免れました。
9回の裏も三嶋続投、不運な内野安打で1死1塁から大島へフルカウント、その次のボールが今後の三嶋を占う試金石になるやろな?って感じでみてました。球はストライクコースから膝元地面に落ちて打者は空振り、ランナーは盗塁失敗と併殺の完成。
よくあの場面であのボールを投げることができたなって感じです。

試合は延長にいき、大和が自打球を当て、その後、気迫のヘッスラ、これ代えなくてええんか?と思いましたが、そのままでした。
そして筒香の弾丸ライナーのホームラン。あれ?いつもは滞空時間が長いのに今日はライナーでしたね。
この差って、どうやって生まれるんやろ?素人には判断できませんよ。

いや~良いところでうちますよ。そしてラッキーだったのはうちが打たれたホームランは全てソロ、効率がいいのか悪いのか分からないせめられ方でしたね。

結局、永遠の課題である、無死満塁からの攻め方、どうしたらええんやろか?昔、昔、そういう場面があったのですが、それを回想したら投手が槙原で打者が高橋雅で思いっきり打球が弾んでの内野安打っていうのがありましたが、叩きつけるのがいいんとちゃうか?と素人は単純におもってしまいますが、ミスミス内野に穫られることをしているみたいですからね。
アンサーってあるようでないですね。

結局、最後はヤマヤスがビシエドを併殺で仕留めてゲームセット、ラミさんが、真っ先に三嶋の肩を揉んでいました。
やはり、ここの所、復活劇を演じている三嶋に勝ちを付けたかったんでしょう。
ファンの考えてることを、それ以上にラミさんも考えているのは当然ことで、これからも厳しい場面で投げさせるやろな。
今日も球に伸びがありましたよ。ほとんど全力投球でしたけど、抜ける立場やないって感じなんかな?
もっとも今日はタイトな場面でしたからね。

なんかでもポーカーフェイスで貫禄でてきましたよ。GW2連勝、9連戦で8人先発投手を使うみたいですが、過去例をみない程ですね。打線が復調気味です。宮本、明日スタメン、微妙やなぁ。うち、結果を残さなければすぐ代えるスタイルになったからなぁ。

でもそれをするだけの戦力が整ってきてるいうことやろ。でも大和、大事をとったほうがええかもな。ショートを守れる次の内野手の控えって言うのが見当たらないかな?
なんだかんだいって大和のプレーって普通に併殺を穫っているように見えるけど、コンマ何秒かの壁を越えているんやろな。
素人には到底理解出来ない何かがあるんやろな。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
応援よろしくお願いします
Source: いざ日本一へ DeNAベイスターズ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です