5/18 vs 読売 〜全ベイが待っていた!そして全ベイが疑問に感じた〜

甲子園で阪神に連勝し、意気揚々と帰京したベイスターズ

今日から東京ドームで読売との3連戦です。
【スタメン】
1(中)梶谷
2(右)ソト
3(一)ロペス
4(左)筒香
5(三)宮﨑
6(二)宮本
7(捕)嶺井
8(投)石田
9(遊)大和
読売の先発は菅野、27イニング連続無失点だそうです。
1番に梶谷、この決断だけは尊重します。
ただし、外野がファイヤーフォーメーションになりますが。
【試合回顧】
1回表、1アウト後にソトのサードゴロをマギーがファンブル
ロペスがレフトへの2ベースヒットでランナー2・3塁で筒香に回ってきました。
筒香はフォアボールで歩き1アウト満塁の大チャンス!でしたが、宮﨑は空振り三振、宮本はショートライナーと得点できず。
菅野の無失点は29イニングまで続きますが、それをを破ったのは筒香でした。
3回表、2アウト1塁で筒香がレフトスタンドへ先制の2ランホームラン!!

しかしその裏、坂本の3ランで逆転されてしまいました。
しかししかし、5回表に梶谷がライトスタンドへ同点のソロホームラン!
しかししかししかし、その裏にピッチャーの菅野にホームランを打たれて3-4と勝ち越されました。
菅野は2打数2安打1本塁打と自援護はさすがですね。
石田は5回4失点で降板、2番手には今日昇格したばかりの武藤がマウンドへ。
代打阿部に2アウト満塁から2点タイムリーで3-6とリードを広げられてしまいました。
そして7回から3番手で三嶋が登板し、2イニングを無失点に抑えました。
7回以降、ベイスターズ打線は沈黙しそのままゲームセット
【試合結果】
横浜  002 010 000|3
読売  003 012 00x|6
勝  菅野 5勝2敗
敗  石田 1勝4敗
S  カミネロ 0勝0敗6S
本塁打
(横)筒香7号2ラン、梶谷2号ソロ
(読)坂本5号3ラン、菅野1号ソロ
【感想など】
なぜ、6回から武藤を登板させたのか?
今日の試合はこれに尽きますね。
それ以前に石田が不甲斐なかったのですが。
東京ドームのレフトスタンドに、巨大な「?」が浮かび上がって見えたような気がしました。
そして7回に3-6とリードを広げられてからミシマ作戦を発動。
全く意味が分かりません!
どう考えても6回は三嶋でしょうよ!

【次戦の展望など】
予告先発はDeNAが濱口、読売は田口です。
今日の悔しさを払拭するような完勝を期待します。
梶谷を1番に据えることで、上位打線はさらに強力なものになりました。
ただし、6番以降が弱すぎますね。
8番ピッチャーも効果は出ていないと思うのですが?
それではまた🖐

[ I☆YOKOHAMA ]

    \(*^○^*)/

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

↑良かったらボクをポチッとしてたぬ

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です