【DeNA】ラミレス監督「雨やんでいるのになぜ?」中止決定に納得いかず

キャプチャ_2018_08_31_19_37_30_351

1: 風吹けば名無し 2018/08/31(金) 21:04:40.70

 DeNA・ラミレス監督(43)が31日、阪神戦(甲子園)が3点リードの3回途中で雨天中止となったことに不満を口にした。

 指揮官が納得できない点として挙げたのは3度目の中断の最後、審判団が「グラウンドコンディション不良」による中止を決断した時、雨はすでにやんでいた点にあった。ここから天気は回復傾向にあるという予報もあっただけに指揮官は「ここにいる人(選手や報道陣など)だけではなく、スタンドの4万人の人がびっくりしたと思う」と、不満を口にした。

 ラミレス監督によると、審判団から中止に至った経緯、理由などの説明は受けなかったという。「雨が降り続いているならわかるがもう降っていなかった。ちょっとわからない。説明は何もなかった。(審判が)出てきて『ノーゲーム』と言って帰ってしまった。我々だけではなく、ファンの方にも説明が必要ではないか。何点取ろうが審判が『ノー』と言われてしまったので…」。最後は自ら取材を切り上げるように、帰りのバスへと向かった。

※全文は下記リンクより


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です