2018/09/08 二度の3点差を逃げ切れず痛い敗戦、先発今永5回持たずリリーフも苦しむ ヤ 7 – 6 De

ホームラン攻勢で6得点、二度のリードを奪うものの、先発今永が踏ん張れず、リリーフ陣も苦しい逆転負け。

20180908.jpg

課題の被弾が今日も・・・

選手採点(投手)

今永昇太 3 「4回1/3を3失点、初回に3点の援護をもらったが1点ずつ追い上げられる苦しい内容、5回投げ切れずリリーフ陣の負担も増加となった」

藤岡好明 7 「2/3回無失点、二人の走者を背負っての救援、山田・バレンティンを封じ無失点に」

エスコバー 4 「1/3回2失点、6回に回の頭から登板も一死から四球と安打で交代となってしまう」

三上朋也 4 「1/3回無失点、記録上は無失点もエスコバーの救援は四球も絡んだ2失点」

砂田毅樹 7 「1/3回を無失点、三上が失点後の救援で左打者を封じる」

三嶋一輝 4 「2回1失点、1イニング目は併殺で凌ぐも回跨ぎで失点」

パットン 3 「1回1失点、同点での登板、雄平に高めを叩かれ勝ち越しソロに」

選手採点(野手)

桑原将志 5 「4打数1安打1四球」

宮﨑敏郎 6 「5打数2安打、初回に繋ぎの打撃」

ロペス 7 「5打数1安打3打点、初回に先制3ラン」

筒香嘉智 6 「3打数1安打1四球1死球、最終回に二塁打で出塁」

ソト 8 「3打数1安打3打点2四球、同点に追いつかれてからの3ランで一気に突き放したバックスクリーン弾」

柴田竜拓 4 「4打数無安打1四球、打では鋭い当たりもライナーに、守備では上手さを見せた」

伊藤光 5 「3打数1安打1四球」

石川雄洋 3 「4打数無安打」

————-(以下途中出場野手)————–

佐野恵太 4 「代打でファーストゴロ、進塁打にはなったが」

楠本泰史 3 「代打、ファーストファールフライ」

Source: \横浜優勝新聞/Hamakko dello sport 横浜DeNAベイスターズファンブログ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です