2018/09/16 今季ワーストゲーム、今永3回持たず疲労困憊リリーフ陣も炎上、藤浪攻略とも言えず 神 20 – 4 De

ここぞの試合でラミレスベイスターズが猛虎に飲み込まれる。今永は同じようなピッチングで早期降板、続いたリリーフ陣も炎上し計20失点。打線も藤浪攻略とまではいけず・・・

20180916.jpg

今季の復調は難しいか・・・

選手採点(投手)

今永昇太 1 「2回1/3を6失点、初回2失点、同点に追いついてもらった後に即被弾、ここから連打と四球で失点し即交代。残念ながら監督からの信頼度は低い。5試合連続5イニングを全う出来ないピッチングでは仕方なし」

田中健二朗 2 「2/3回5失点、満塁というタフな場面の救援も2度の押し出し、投手藤浪にまさかの満塁弾、続く大山にも被弾と準備が全くできていなかったのかと勘繰りたくなる内容」

エスコバー 5 「1回無失点、被安打1」

石田健大 6 「2回無失点、満塁のピンチは作るも2イニングを全う」

三嶋一輝 4 「1回0/3を7失点、大差の展開での登板、1イニングは無失点も回跨ぎで捉まり大量失点、登板過多、回跨ぎ、申告敬遠、勝ちパターンではなかった立場など同情論も」

砂田毅樹 4 「2回2失点、走者を背負ったリリーフもいきなりの四球、そして本日大当たりの大山に今日3本目のアーチを喰らった」

選手採点(野手)

大和 3 「4打数無安打3三振」

宮﨑敏郎 6 「4打数1安打1打点、大差がついた後も自分の打撃でソロホームラン」

ソト 5 「4打数1安打、藤浪の変化球を上手くすくい上げる」

筒香嘉智 7 「3打数1安打2打点1四球、2点先制された初回の裏の攻撃で同点2ラン」

ロペス 6 「4打数2安打、2本のシングルヒットでチャンスメイク」

佐野恵太 7 「4打数3安打1打点、スタメン抜擢で打撃力をアピールも走塁ではライトライナーから帰塁間に合わずタッチアウトに」

嶺井博希 3 「3打数無安打1死球、投手陣20失点の屈辱」

桑原将志 3 「4打数無安打、急に制球が荒れだしピンチとなった藤浪に対し初球を凡退」

————-(以下途中出場野手)————–

乙坂智 3 「チャンスの代打も初球レフトフライ」

倉本寿彦 3 「代打空振り三振」

細川成也 5 「代打で四球」

柴田竜拓 3 「代打セカンドフライ」

田中浩康 3 「代打空振り三振」

石川雄洋 - 「終盤に代走出場から二塁守備へ」

関根大気 - 「終盤レフトの守備へ」

Source: \横浜優勝新聞/Hamakko dello sport 横浜DeNAベイスターズファンブログ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です