2018/09/23 石田健大が中盤までの好投も援護1点、後攻め有利な最終回にサヨナラ負けに De 1 – 2x 広

先発石田健大を含め、リリーフ陣は奮闘も、打線が大瀬良に苦しむ。9回裏にサヨナラを喰らい3位巨人とゲーム差1に。

20180923.jpg

中盤まで試合を作り上げた石田健大

選手採点(投手)

石田健大 7 「5回1/3を無失点、失策のランナーをホームに許し1失点(自責0)だが、試合を丁寧に作り上げた」

三上朋也 6 「1/3回無失点、走者を置いてバティスタを封じる」

砂田毅樹 6 「1回1/3無失点、四球を出したが回跨ぎで無失点に」

今永昇太 6 「1回無失点、三者凡退」

三嶋一輝 3 「1/3回1失点、一死からの四球が痛かったか。連打を浴びサヨナラ負けに」

選手採点(野手)

大和 3 「4打数無安打、守備での動きは良かったが」

宮﨑敏郎 4 「3打数1安打1四球1失策、失策が失点に繋がってしまう」

ソト 6 「4打数2安打、序盤にマルチも終盤は2三振」

筒香嘉智 4 「3打数無安打1四球」

ロペス 6 「4打数1安打1打点、先制のソロホームラン」

倉本寿彦 5 「3打数1安打、スタメン出場しツーベースを放つ」

伊藤光 4 「3無安打1四球、三嶋と共に決死のインコース攻めもサヨナラ負けを喰らう」

乙坂智 5 「3打数1安打、スタメン出場」

————-(以下途中出場野手)————–

桑原将志 3 「代打センターフライ」

柴田竜拓 4 「途中出場2打数無安打」

石川雄洋 - 「代走出場し三振ゲッツーの走者となった」

Source: \横浜優勝新聞/Hamakko dello sport 横浜DeNAベイスターズファンブログ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です