10月1日の阪神DeNA戦が中止なら、10月10日or11日にダブルヘッダー開催か

1: 風吹けば名無し 2018/09/27(木)05:46:31 ID:RZO
10月1日の阪神DeNA戦が台風で流れた場合、昨日(26日)の分とダブルヘッダーにする模様
ソースはデイリー
阪神29年ぶり、甲子園でWヘッダーを検討 来週直撃?台風24号…セ連盟が打診

20180927-00000020-dal-000-3-view

 ひっ迫した試合日程が、“禁断の扉”を開かせた。DeNA戦が午後4時の開門を前に中止が決定。その直後、セ・リーグから阪神に対し、ダブルヘッダーの開催を打診された。谷本球団本部長は「セ・リーグから連絡がありました。営業の担当が検討していくことになると思います」と明かした。

 甲子園でダブルヘッダーが開催されれば、1989年10月15日・大洋戦以来、29年ぶりとなる。14連戦の初戦で今季19度目の中止となり、既に10月9日までびっしりと試合が組まれていることから、振り替えは同10日以降になる見通しだ。

 順位決定の期限となる同11日まで試合が組まれていない空き日はわずか1日。日本の南部には大型で非常に強い台風24号が停滞しており、来週にかけて本州を直撃する恐れが出てきている。さらに中止試合が増えることも予想されており、期限までに143試合を完全消化し、順位を決定するための打診とみられる。

 ただ阪神はシーズン中から甲子園でダブルヘッダーの開催は困難と訴え続けてきた。セ・リーグのアグリーメントに記載されているルールでは、第1試合終了から20分後に第2試合を始めなければならない。満員となれば4万6000人前後の人間が一気に入れ替えに向けて動くだけに、危険に対して配慮する必要もある。

 仮に観客を入れ替えないにしても、相手チームが違う“変則ダブルヘッダー”となった場合、練習場所の確保や「応援団の入れ替えについても20分でできるのか。そのあたりも検討していかないといけない」と谷本本部長は課題を指摘する。

 既に発表されている日程では移動ゲームの絡みもあるため、これ以上の変更はできない。現時点で可能性が高いとされているのが10月1日に甲子園で予定されているDeNA戦が中止となった場合、ダブルヘッダーとして同10、11日の空き日に実施する案だ。

 チームにとっても12連戦を戦い抜いた上で、最後の最後にダブルヘッダーが待ち受ける。苦しい戦いを強いられることは、間違いない。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000020-dal-base


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です