DeNA梶谷「まだまだうまくなりたい」 手術を経て自分と向き合い完全復活を誓う

1: 風吹けば名無し 2018/09/28(金) 12:30:52.06 ID:/y0dlrt50
1


DeNA梶谷「まだまだうまくなりたい」  手術を経て自分と向き合い完全復活を誓う

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201809280002-spnavi

12年には新球団・横浜DeNAベイスターズが誕生。中畑清監督との出会いも転機になった。初めて開幕スタメンを勝ち取りながら、80試合で打率1割7分9厘の低空飛行。「地獄でした」と想像を絶する1年だった。
本拠地にもかかわらず心ないヤジが飛び、球団事務所に抗議電話が殺到していることも耳にした。
「何で梶谷を使うんだ」「早く梶谷をクビにしろ」。イヤホンをして球場を移動するのは1度や2度ではなく「俺、死んじゃうんじゃないか……」と本気で思うような精神状態だった。

「スタメン表を見るのが怖かった。どうにかして野球を休めないか。そんなことばかり考えてました」

 どん底まで突き落とされた若者に、勇気を持たせたのが中畑監督だった。

「俺にはお前の才能が見える。思い切ってやれ。お前を信じて使う。俺も腹を決めてるから、お前も腹を決めろ」

 1軍の試合でベースカバーを忘れるボーンヘッドを犯し、即2軍降格。翌日は1人で座禅を組みに出かけた。突き放すのではなく、この精神修行の手配をすべてしてくれたのも指揮官。
「ダメならクビ」と進退をかけた13年は77試合で16発と息を吹いた。外野へコンバートされた翌年は盗塁王のタイトルも獲得し、さらなる飛躍の足がかりになった。

※全文は上記リンクより(おすすめ)

2: 風吹けば名無し 2018/09/28(金) 12:31:38.09 ID:kjrS4m1f0
サンキュー中畑


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です