下関で大洋ホエールズ復活へ 市長が公式戦開催を要請

1: 風吹けば名無し 2018/11/27(火) 16:25:18.80 ID:GM1dw7lp0
no title


 山口県下関市は26日、プロ野球の横浜DeNAベイスターズが、来年3月10日にオーヴィジョンスタジアム下関(下関球場)で、オープン戦を開催すると発表した。球団創設70周年事業の一環として、創設の地である下関で試合をする。前田晋太郎市長は「下関の魅力を全国に発信するチャンスだ」と語った。

 対戦チームなど詳細は、12月中旬に決まる。同球場でプロ野球1軍の試合が行われるのは、平成19年以来12年ぶりとなる。

 球団によると、前身の「大洋ホエールズ」は昭和24年11月、大洋漁業(現マルハニチロ)を親会社に、下関で誕生した。25年から3シーズン、下関を本拠地とした。その後、大阪、川崎、横浜と移転した。

 下関でのオープン戦で選手は、プロ球団創設時の復刻ユニホームを着用する。

下関市は、ゆかりの深いベイスターズの公式戦開催を熱望してきた。
市長の前田氏は昨年4月、横浜市の球団事務所を訪れ、三原一晃・球団代表に公式戦開催を要請した。

 前田氏は26日の記者会見で「(公式戦誘致は)オープン戦を成功させることから始まる」と述べた。
市はオープン戦までに約600万円かけて、マウンドの傾斜の調整など球場を改修する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000024-san-l35


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です