元横浜ドラ1森大輔「僕だって投げたかった。お客さんの前で、カメラや記者が見ている前で投げたかった」

1: 風吹けば名無し 2018/12/05(水) 21:36:43.30 ID:7cVRZ6KD0

https://platform.twitter.com/widgets.js

 意気に感じる仕事はある。家族も妻と息子2人、円満に暮らしている。どう考えても、公私ともに満ち足りた生活だ。

 だが、それでも森はこんな夢を見ることがあると言う。

 胸に「BAY STARS」のロゴマークが入ったユニフォームに身を包んだ自分。高い年俸を受け取り、高いクルマを乗り回し、華やかな世界の中心にいる自分。常に自信に満ちあふれた表情をしている自分……。

 「僕は自分がイップスになったことも、プロをクビになったことも自分のなかで受け入れたんです。野球を愛して、これ以上ない舞台に行ったけど、投げられなかった。それはもう受け入れるしかない。
でも、何回も何回も同じような夢を見るんです。受け入れているはずなのに、悔しくてしょうがないですよ。

 あの内海(哲也/巨人)にだって負けていなかった……と言っても、誰も信じてくれません。『だって、あなた投げられなかったんでしょう?』って。でも、僕だって投げたかった。たくさんのお客さんの前で、テレビカメラや記者が大勢見ている前で、豪快なフォームで投げたかったんです……」

 森の悲痛な叫びは、ひっそりと七尾の夜に溶けていった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00010002-sportiva-base&p=3 

//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です