DeNA大貫が新球「メルセデス・ツーシーム」披露

534: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)19:57:09 ID:wvp
DeNA大貫が新球「メルセデス・ツーシーム」披露

 車体同様の重厚感は、ミット音に表れた。

 DeNAのドラフト3位右腕、大貫晋一投手(25=新日鉄住金鹿島)が9日、ブルペンで新球「メルセデス・ツーシーム」を披露した。

ドイツ製の高級車をほうふつとするスピードある直球は、プレート付近で急激にシュートした。今までのツーシームは、シンカーのような球筋の1種類のみ。「右打者だけではなく、左のインコースにもフロントドアが使える」と新たな武器の“乗り心地”を口にした。

 投球の幅を広げるべく、キャンプから2種類目のツーシームの試作を繰り返した。キャッチボール中に握りを模索し、これまでよりも握り幅を狭めた形で落ち着いた。そこに三浦投手コーチからの「縫い目を意識しろ」というアドバイスが生きた。「ハッとしました。意識するだけで曲がりが全然違う」と完成形へと近づけている。

 持ち球は直球、カーブ、スライダー、フォーク。そしてツーシームの対となるカットボールも生きると考える。「攻め方が変わる。だから今すごくカットボールの練習もしているんです」とうなずく。番長も然りだ。三浦コーチは現役の05年、カットボールを習得。対のシュートとの幅のある投球で、キャリア初のタイトル(最優秀防御率、最多奪三振)を獲得した。大貫も「そうなれたらいいですけど」と背中を追う。

 誕生日だった3日、全体集合の際にベンツのマークを体全体で表現した一発ギャグ「メルセデス」を披露し、注目を集めたルーキー。社会人時代、チェンジアップも挑戦したが、モノにはできなかった。やっぱり大貫には“メルセデス”が似合う。

引用元:https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201902090000637.html

 番長のアドバイスで上手く行ったらしい
続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です