今永がリーグトップの6勝目!ソトのホームラン!7番柴田、8番伊藤光の活躍で3連勝

今日はブログの2部構成となります。

まずは、サミー・ソリス選手
WELCOME TO YOKOHAMA
ソトの元チームメイトだったんですね。
リリーフ陣が不足しているのと、パットン、エスコバーを休ませるための補強でしょうか。
シーズン途中からですが、日本のプロ野球に馴染んでくれると助かります。
ところで、バリオスはどうしているんでしょうか?
コルデロもいますからね。
雨冠の鶴岡コーチが選手兼任になったぐらいなので、キャッチャーの補強が最優先かと思っていました。
山本祐大もデッドボールから復帰したようで練習には参加しているようですね。
焦らずゆっくりと力をつけてハマスタに戻ってきてほしいですね。
さて、今日からYOKOHAMA GIRLS FESTIVAL 2019でございます。
女子限定のユニフォームはいい感じですね。
私も帰りにたくさん見ました。
試合は、ハマのギャルがみんな見つめる中、DeNA先発が今永、ヤクルトはブキャナンで始まりました。
初回、ソトの15号ソロで先制!
その後は両軍見せ場もなく、6回まであっという間に試合が進みました。
今永は、観ている限り球数がかさんで調子はそれほど良くなさそうでしたが、それでも7回3安打無失点とは、さすがエースといったところでしょうか。
1-0と膠着状態を破ったのは7番柴田のバットでした。
2アウト2塁、ヤクルトの外野が前進守備をあざ笑うかのようにセンターオーバーのタイムリー3ベースヒットで追加点!
先日の中日戦から打撃が好調ですね。
さらに8番伊藤光も左中間を破るタイムリー2ベースヒット!
セカンドベース上でガッツポーズ、やはりカッコいい!
8回表、3-0となった試合を優位に進めるべく、投入したエスコバーとパットンが機能せず、ヤクルトに2点を返されてしまいました。
4番に村上を置いているヤクルト打線ですが、村上の前後は山田とバレンティンですから、連敗中とはいえやはり脅威ですよね。
3-2となった9回はもちろんヤスアキですが、キャッチャーが嶺井ではなく伊藤光のままでした。
ヤスアキと伊藤光のコミュニケーションがちゃんと取れたということでしょうか?
結果は、全く危なげなく3者凡退でゲームセット
DeNA 3-2 ヤクルト
勝  今永 6勝2敗
負  ブキャナン 1勝2敗
S  山﨑 1勝1敗8S
本塁打(De)ソト15号ソロ
ヤクルトは終盤に追い上げましたが、これで15連敗となりました。
今永がリーグトップの6勝目!
まさしくDeNAのエースとなりましたね。
これからもどんどん勝っていただきたい!

これでDeNAは3連勝!!!

明日もYOKOHAMA GIRLS FESTIVALです。

こんな感じです(ボキャブラリーがなくてすいません)。
予告先発は、DeNAが上茶谷、ヤクルトは清水です。
くしくもドラフト1位ルーキー同士の対決となりました。
清水は今季初登板のようです。
1軍で経験を積んでいる分、上茶谷に分があると思っています。
明日は私もハマスタに行って、チコちゃんに叱られてきます。
それではまた🖐


\I☆YOKOHAMA/

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村

↑↑良かったらボクをクリックしてたぬ
ヨ・ロ・シ・ク!

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です