濵口はなぜハマスタで勝てなくなったのか?ヤクルトの連敗を止めてしまい交流戦へ

もう2週間前になりますが、神宮で見せてくれた完封勝利は大変素晴らしいものでした。

しかし、その好投が霞んでしまうようなハマスタでの直近2試合…..
実は濵口は去年から一度もハマスタで勝てていません。
さらに突き詰めてみると、ハマスタのデーゲームでは、ルーキーイヤーの2017年から一度も勝てていないことが分かりました。
その年の日本シリーズでの好投をはじめ、ハマスタのナイターでは勝てていました。
これはヤスアキにも言えることですが、本拠地で自身本来のパフォーマンスが発揮できないのは由々しき問題です。
このデータをラミレス監督が知らないわけがないと思うのですが。
濵口の身体的問題すらも勘ぐってしまうのは、さすがに私の考えすぎかもしれません。
これが単なるオカルトデータであれば良いのですが、これから先もこのような事態が続くのは避けなければいけません。
先発ローテーションを変えることも、解決策の一つなのかもしれません。
さて、今日の試合ですが、その濵口が1回3失点(自責点0)でマウンドを降りる緊急事態が起きてしまいました。
そして、ロペスの連続無失策記録も途絶えてしまいました。
それでも2回のホームランはさすがでした。
国吉にロングリリーフは向いていないと思うのは私だけでしょうか?
8回裏に今日再昇格した石山から代打石川と神里の連打、そして宮﨑の犠牲フライで1点を返すのが精一杯でした。
DeNA 2-5 ヤクルト
勝  原樹理 3勝5敗
負  濵口 2勝3敗
S  梅野 0勝1敗4S
本塁打(ヤ)バレンティン13号ソロ(De)ロペス11号ソロ
ヤクルトの連敗がついに16で止まりました。
止めてしまったのがベイスターズというのはらしいという感じもします。
今日の先発を大貫にして、濵口を火曜日からのオリックス戦に回すという選択肢はなかったのでしょうか?
左右のバランスとか、ルーキー2人が連日で投げるのを避けたのかもしれません。
ここまでは私の拙い予想にすぎません。
さて、火曜日からセ・パ交流戦ですね。
DeNAはオリックスと京セラドームでの3連戦からスタートします。
予想先発は、DeNAが平良、オリックスが山本でしょうか。
現在借金6ですが、交流戦を12勝6敗でようやく勝率5割に到達することになります。
先発投手陣が揃ってきた今のベイスターズなら、できないこともないと思います。
あとは、筒香の大暴れとリリーフ陣に期待しています。
とにかく楽しみです!
それではまた🖐


\I☆YOKOHAMA/

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村

↑↑良かったらボクをクリックしてたぬ
ヨ・ロ・シ・ク!

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です