【DeNAファーム】阪口7回無失点の好投 延長11回細川成也の適時打で勝利!

4t63jy

375: 風吹けば名無し 2019/06/04(火) 21:23:01.70 ID:lBMFfEMdd
2軍
阪口 7回無失点 3被安打 3四球 4奪三振 大体球速140後半
櫻井進藤平田無失点
武藤1失点

大河 4打数3安打1四球
細川 5打数3安打1打点

先発藤平からは大河2安打 細川2安打 山下1安打のみ
11回に2点取って勝ち

緊迫した投手戦…楽天は延長の末に惜敗
4t63jy

イースタン・リーグ公式戦

● 楽天 1 - 2 DeNA ○

<森林どり泉 6月4日>

 楽天は本拠地で延長戦の末、DeNAに惜敗。両投手陣譲らず、スコアレスのまま延長に突入するという緊迫の一戦を落とした。

 この日は楽天が20歳の藤平尚真、DeNAは19歳の阪口皓亮という若き右腕の投げ合いに注目が集まったが、両投手がその期待に応える好投を披露。互いに走者を背負いながらもホームは踏ませない粘りの投球を見せ、7回までゼロを並べていく。

 その後も両軍リリーフ陣が踏ん張り、試合はそのまま延長戦へ。迎えた11回、楽天は5番手の寺岡寛治がピンチを招くと、DeNAの4番・細川成也に適時打を許してついに失点。さらに山下幸輝の内野ゴロの間に1点が入り、0-2と均衡を破られてしまった。

 それでも打線はその裏、二死から走者を出すと、ルーキー・太田光のレフト前の当たりを左翼手が後逸。その間に一塁から走者が還り、さらに太田も三塁へ。一気に同点の機運が高まったが、最後は松本京志郎が三振に倒れて万事休す。楽天は延長までもつれたカード初戦を落とした。

 


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です