2019/06/12 ベイスターズ4連勝、下位打線で4打点を叩き出し計6得点もギリギリ逃げ切り De 6 – 5 ロ

先発大貫は6回途中3失点で降板、92球での交代に悔しさを滲ませる。打線が6得点も守護神康晃が不安定となり1点差で薄氷を踏む勝利となった。

20190612.jpg

選手採点(投手)

大貫晋一 6 「5回2/3を3失点、2発のソロ、不運の三塁打からの犠牲フライで3失点も試合を作った。セーブは達成」

三嶋一輝 7 「1回1/3を無失点、救援からイニング跨ぎもこなす」

パットン 7 「1回無失点、三者凡退で片付ける」

山﨑康晃 4 「1回2失点、不運な当たりもあったが、結果締まりの悪いピッチングとなった」

選手採点(野手)

神里和毅 6 「5打数2安打とマルチヒット。大チャンスでの良い当たりはライト正面はハードラック。守備では打球背走し捕球体勢もグラブに当てこぼれ三塁打に」

石川雄洋 5 「1打数無安打1四球1犠打、途中交代」

宮﨑敏郎 8 「4打数2安打2打点、中盤にソロ、終盤に犠牲フライと2打点」

筒香嘉智 3 「4打数無安打1四球、好機で打てず」

ロペス 4 「4打数1安打、最終打席でヒットを放つ」

乙坂智 7 「4打数2安打と凡退でも打球は良い。守備ではダイビングキャッチを見せる」

ソト 7 「3打数1安打1打点1四球、6回に一時リードを奪う勝ち越しソロホームラン」

伊藤光 5 「2打数無安打2四球」

大和  「3打数1安打3打点1四球、押し出し四球から適時打、守備でも華麗な併殺プレーを見せる」

————-(以下途中出場野手)————-

中井大介 5 「2打数1安打1盗塁、ベンチのバント指示は出来ず。打った結果はレフト前ヒットに」

柴田竜拓 4 「代走出場からセカンドの守備へ、打席は凡退」

桑原将志 - 「レフト守備固め」

Source: \横浜優勝新聞/Hamakko dello sport 横浜DeNAベイスターズファンブログ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です