追い上げ届かず。次に繋がる反撃となればいいけど。

ホークスとの3連戦の初戦に千賀から勝利を掴んだ勢いであわよくば連勝狙ったベイスターズでしたが、そうは問屋が卸さずでした。

初回、2アウト満塁から楠本内野安打で先制。ここまではよかったんですけど、続くソト内野ゴロで1点止まり。以降は予想通りホークス先発高橋礼に完璧に抑え込まれました。昨日の柴田みたいな出会い頭的なホームランないかと期待しましたがありませんでした。
勝利には完璧なピッチングが必要な先発井納ですがフォークボール主体のピッチング。ストレートで押すピッチングはどこへやら、すっかり技巧派という内容でした。でも何で嶺井キャッチャーだったんですかね。アンダースロー高橋礼なんだから左打ちの戸柱でよかったと思うし、伊藤でいいと思うのですがどうなのでしょうか。井納にはライオンズ戦のこともあるので少し期待はしていたのですが、やっぱり無理な話でした。1回裏すぐに追いつかれてしまいました。1アウト満塁からダブルプレー崩れだったし、最少失点なので仕方なしなのかもしれませんが、高橋礼に打線が抑え込まれていたので、試合展開としてはこれで苦しくなりました。以降もフォーク主体で、さすがに失点なしにはならずホームラン2本で6回途中3失点でした。内川にホームラン打たれてたのは変化球、グラシアルのホームランはストレート、結果論ですけど内川はもっとストレート押し、グラシアルにはひたすらフォークだった気がします。
ベイスターズ的な見せ場は高橋礼交代してから。8回モイネロからノーアウト1塁でしたが大和、宮崎、筒香凡退でした。9回はロペスホームランから始まり、乙坂、中井、佐野がヒットで1点差、1アウト1、2塁で神里でした。ホークスストッパー森はふにゃふにゃ状態、もっと上から目線で余裕持っていけばいいのに慌てて打っているようでした。で、俊足なのにまさかのダブルプレー。神里がいくら打っても、こういう大事な場面で力出せていない印象があると思っています。なのでどれだけ打っても信じきれないところがあります。
隅1になりそうだったのが、追いつく可能性があった追い上げできたのは次に繋がるとは思いますし、そうしなければならないです。ホークスに敵地で勝ち越せるチャンスはこの先ずっとないかもしれないので、絶対にモノにしたいです。
ホークス先発は二保とローテーションの谷間です。ベイスターズは今永の次に安定感がある上茶谷です。チャンスです。ただ、いくらホークスローテーションの谷間とはいえど貧得点力打線ですし、4番が凍りついている状態なので、上茶谷には6回1失点が求められるでしょう。ストレートで押し過ぎず適度に変化球を混ぜ、組み立ててほしいです。キャッチャーは変化球多すぎ嶺井じゃなく、戸柱でもなく、伊藤でいいと思います。1番神里の打率がいいので前後9番、2番が大事、2番には繋げるバッティングできる人を入れたい。楠本か乙坂でしょうか。9番柴田でいいと思います。
最後に怪我で途中で交代になった楠本に大事がなければいいですが。心配です。
ホークスに勝ち越し成し遂げて下さい。過度の期待は禁物ですけど、期待しちゃいます。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です