痺れた試合、奇跡のサヨナラヒット。

ファイターズ3連戦2試合目。不安の飯塚先発でじたが序盤はランナー出すけど粘っておさえました。

桑原と宮崎ホームランで2点リード、更に宮崎犠牲フライ(この犠牲フライだけど筒香が真面目に走っていれば筒香は三塁打、ロペスヒットでホームインできてました。筒香怠慢プレーな気がしました)で3点リード。

これで飯塚スイスイ投球になるかと思ったら大間違い。以前、大貫が突然崩れ大量失点したことがありましたがそれに類似、未熟なゆえにちょっとしたことで上手くいってたことが急にできなくなるパターンでした。しかも急遽リリーフした藤岡も準備不足だったせいなのか失点止まらず3対4と一気に逆転されました。

終わったと思いましたが今日もソトくじが大当たり。ランナー2人おいての3ランで6対4と再逆転。
後は逃げ切りの体制でしたが、5回に3人目までつぎ込んだせいか誰かイニング跨ぎしないといけない状況でしたけどベイスターズ中継ぎ陣は2イニング目がみんな不得意、6回完璧だった石田が7回に失点し、三嶋まで投入してしまいました。8回はパットンが2アウトからソトの遅い動き出しで3ベースとしてしまい、気持ちの強くないパットンはボールの威力が弱まってしまい、西川タイムリーで同点に追いつかれました。
完全ダメダメムードでしたが、9回エスコバーがノーアウト1、2塁のピンチを防ぐとドラマは9回裏に起こりました。
先頭のロペスがヒットで出塁、ここで宮崎が大きなプレー。フォークボール二つ空振りして簡単に追い込まれましたが、更に続いたフォークボールを見極め三振しません。しかも予想外のインコースストレートが厳しくきましたけど進塁打となる高いバウンドのピッチャーゴロ。ロペスの代走乙坂を2塁に進めることができました。宮崎の意地のつなぎに大和が応え左中間にヒットでサヨナラ。タイミングを外すカーブをよく捉えました。
ピッチャー残り康晃、国吉の2人で延長なったらかなりヤバかったので、9回で決着つけられたのはでかかったです。
いやー、何回負けを覚悟したか、よく踏ん張りました。点を取るのには進塁打って大事なんだなーってつくづく思いました。
木曜日は先発阪口で今日と同様に中継ぎ総動員です。宮崎のように進塁打を打ってチャンスを拡げるプレーをしてほしいです。筒香が走塁サボって3塁打を2塁打にしてしまったようなプレーは要注意、1つでも先の塁を奪い取る走塁お願いします。
こーなったら夢のまた夢だった交流戦での借金返済、交流戦優勝目指して頑張りましょう。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です