【DeNAファーム】山本ホームラン、細川飛雄馬マルチ安打もロッテに敗れる

560: 風吹けば名無し 2019/06/29(土) 21:40:00.05 ID:UH9YaOGgdNIKU

ロッテが接戦を制す!ルーキー・藤原が値千金の決勝打
a075c8c4c9037a96a6fc9001c7d489ac

//s.yimg.jp/images/yvpub/player/js/embed.js?contentid=1685470&width=320&height=180
イースタン・リーグ公式戦

○ ロッテ 7 - 4 DeNA ●
<市原ゼットエー 6月29日>

 ロッテが終盤までもつれた戦いを制して連勝。ドラフト1位ルーキー・藤原恭大の一打が決勝打となった。

 先発は高卒ルーキーの古谷拓郎。初回・2回と良い形で立ち上がるも、3回に山本祐大に一発を浴びて先制点を許すと、打撃好調の飛雄馬にも適時打を許して2失点。4回にも伊藤裕季也に適時打を浴び、0-3とリードを拡げられてしまう。

 それでも、打線が5回に奮起。攻めあぐねたDeNA先発・飯塚悟史から宗接唯人が2ランを放って反撃の狼煙を挙げると、バッテリーミスの間に同点。なおもチャンスで高卒ルーキーの山口航輝がピッチャーの足下を抜く適時打を放ち、一挙4点で試合をひっくり返した。

 1点のリードを守ってきたリリーフ陣は、7回に4番手の大卒ルーキー・東妻勇輔が細川成也に適時打を浴びて追いつかれてしまうものの、同点の8回裏に二死走者なしから走者を2人出すと、トップに返って藤原が右中間突破の三塁打。走者全員を還し、6-4と勝ち越しに成功した。

 さらに加藤翔平にも適時打が飛び出して3点差とすると、9回表は南昌輝が危なげなく締めて快勝。ロッテが市原でのゲームを勝利で飾った。

 2軍ロッテ戦 
 飯塚5回に捕まり4回2/3 8被安打 1四球 4失点 
 斎藤1回1/3 3奪三振 無失点 
 大貫1回2奪三振無失点 
 平田3失点炎上 
 山本ホームラン 
 細川マルチ安打 
 飛雄馬マルチ安打 

 
 4-7で負け

続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です