菅野に負けない平良の好投。筒香ホームラン、ソトロペタイムリーで大きな逆転勝ち。

ラミレスがスターナイト3連勝をある意味捨てて、ジャイアンツとの3連戦にかけてきました。

ジャイアンツ先発は今シーズン2回対戦していずれも勝てていない菅野。対するベイスターズ打線、筒香は4番のままでした。ようやく8番ピッチャーはやめてくれました。2番宮崎、6番に佐野をいれ、ソトは3番セカンドでした。
先発平良は初回に丸にホームラン打たれましたが調子は悪くなく立ち上がりからストレート、変化球ともキレ、コントロール悪くは見えませんでした。4回の2失点目だってソトのエラーと守備範囲のあるセカンドなら取れてたかもしれないあたりが抜けてしまいノーアウト1、3塁になり、大量失点の可能性があったのを岡本犠牲フライの最小失点で抑えました。6回2失点、ホームランとエラー絡みの失点ですし上出来でした。
あとは打線でしたが序盤は菅野からヒット1本と抑え込まれました。しかし4回に筒香が反撃ののろし的なホームラン。レフトへのあたりでしたがこれを機に調子上げてもらえたらと思いました。
ドラマは6回でした。先頭平良の代打石川がストレート3つで三振な感じでしたが変化球を上手くレフトに運んでヒット。神里は粗さが出てしまって三振。ゴロを転がして進塁打か最悪でもランナー入れ替わりでのこれるバッティングがほしかったです。しかし宮崎がヒットでつなぎ1、2塁。得点圏打率急上昇中、ホームラン以外の打点が増えてきたソトがタイムリーツーベースで同点。筒香がフォアボールでつなぎ、ロペスがいつもの引っ張りホームラン狙いではなくセンター返しのバッティングで2点タイムリーで逆転。更に佐野、大和に続いてもらって菅野ノックアウトといきたかったんですがそれはだめでした。
7回からは勝ち継投。7回エスコバー、8回パットンがジャイアンツ打線を抑え、最後は山﨑康晃。2アウトから亀井ツーベース、ホームランで同点の痺れる場面になり代打阿部プレッシャーはMAXでしたがここからが今シーズンの山崎康晃の真骨頂。ツーシームを低めに集めて三振。
昨日想像した理想的な展開で菅野から今シーズン初めて勝つことができました。筒香が打ったこと、平良がイケてない守りに足を引っ張られてながら菅野に負けないいいピッチングをしたことが勝因だと思います。土曜日、日曜日につながるいい試合になりました。
でも安心は禁物、土曜日ベイスターズ先発石田がジャイアンツ打線特に坂本、丸相手にどんなピッチングができるかにかかっています。前回は大量点に守られたし、その前は初回から全力投球5回何とか投げきったということで長いイニングに対する不安はまだあると思います。逃げずに腕を振ってストライクで勝負できるピッチングができたらと思います。是非とも日曜日の今永につなげるピッチングをお願いします。目標は平良と同じ6回2失点だと思います。キャッチャー、ソト、中井など守り足を引っ張られることも覚悟した上でのピッチングお願いします。濱口、平良ができたので気持ちの持ち方とか共有してもらって活かしてほしいです。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です