8回、ベイスターズの勝利への執念が優った!オトコハダマッテナゲルダケ

読売との首位攻防戦第2ラウンド

初回、ノーヒットで得点をあげたベイスターズ
(内訳)
神里 フォアボール、盗塁成功
宮﨑 ショートゴロ、神里は3塁へ
ソト センターへの大飛球で神里がタッチアップ
そして3回、ソトの3ランで一気に読売を突き放し
つづく4回には、中井が古巣から今季初ホームラン!
バックビジョンに直撃する大きなホームランでした。
先発の石田は、5回までヒット2本に抑える好投で無失点と完封まであるかと思っていました。
そして6回表、読売の代打石川の振り逃げでハマスタに不穏な空気が流れていたことに気づいていませんでした。
次の若林のセンターに抜けそうな打球を、ショート大和が超ファインプレー!
さらに坂本のセンター前に飛んだフライを、またしても大和が超超超ファインプレー!
ヒット2本分をアウトにした大和の好守備に、私は鳥肌が止まりませんでした。
しかし…..
それまでの好投が嘘だったかのように岡本に3ランを打たれてしまいました。
振り逃げとフォアボールでランナー2人を出し、球速も若干落ちていました。
この回で石田の変調に気がついてほしかったですね。
この辺が嶺井に成長してもらいたいところですね。
7回は三嶋が2三振を含む三者凡退
フルカウントにはなりましたが、2三振は圧巻でした。
ここまでは5-3とベイスターズが2点リードしていたのですが、8回のパットン将軍が御乱心。
パットンの復調を期待していたのでしょうが、一度ファームに行ってもらった方がいいと思います。
ここから、ラミレス監督が勝利への執念を見せました。
丸に対してエスコバー、岡本に対して国吉をぶつけて追加点を許しませんでした。
そしてその裏
2番宮﨑からの攻撃で、私は1点取れば勝てると思いながら観ていました。
その宮﨑がライトオーバー、フェンス直撃の2ベースヒットでチャンスを創出
ソトの打席でカウント1エンド1から2塁の代走に石川を投入しました。
この判断には、私も賛同していました。
ソトのセンターフライで石川がタッチアップ、次の筒香の時にパスボールで石川がホームに生還
石川の脚が生きた、貴重な1点をもぎ取りました。
1点勝ち越した最終回はヤスアキがキッチリ三者凡退でゲームセット!
DeNA 6-5 読売
勝  国吉 5勝3敗
負  中川 4勝2敗15S
S  山﨑 2勝1敗24S
本塁打(De)ソト28号3ラン、中井3号ソロ
(読)岡本18号3ラン
これでベイスターズは6カード連続の勝ち越し!
首位読売とのゲーム差を1.5としました。

ヒーローインタビューは、8回のピンチを救ったエスコバーと国吉、そしてリーグ打点トップに立ったソトの3選手でした。
このヒーローインタビューで、エスコバーが発した一言が今シーズンの流行語大賞に輝くと思いました。
オトコハダマッテナゲルダケ
か、カッコよすぎるぞエスコバー
誰に言わされたのかは定かではありませんが、場内が大喝采だったのは間違いありません。
明日の予告先発は、DeNAが今永、読売は桜井です。
今や名実ともにベイスターズのエースとなった今永ですが、実は今季の読売との相性がよくありません。
明日はエースたるピッチングを見せてくれると信じて応援します!
読売倒せ!
絶対勝つぞ!ベイスターズ!

それではまた🖐
 
\I☆YOKOHAMA/
 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村

↑↑良かったらボクをクリックしてたぬ
応援ヨ・ロ・シ・ク!!

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です