耐えて掴んだジャイアンツ3連勝。でもまだ道半ば。

ジャイアンツ3連勝をかけた一戦。ベイスターズ先発は中9日と満を持した今永。舞台は整いました。

初回、今永は三者凡退の順調な立ち上がり。その裏のベイスターズの攻撃は連勝の勢いそのまま、先頭神里がヒット。宮崎とエンドランが決まりノーアウト1、3塁。しかし、得点圏打率の高いソトが内野フライ。残念なことに勢い止まってしまいました。筒香がフォアボールでつなぎましたがロペスはショートゴロ、ダブルプレー崩れで何とか1点取りました。これまでのベイスターズなら無得点だったかもしれません。ベストではなかったですが得点できたことは大きかったと思います。
3回もジャイアンツ先発桜井を打ち崩した訳ではなくジャイアンツエラーでの得点でした。
6回裏の追加点が結果的には大きかったです。石川が1千本安打となったスリーベース、嶺井が貴重なタイムリー。伊藤が怪我で登録抹消になったので自動アウト嶺井ではなくなったのはよかったです。
ベイスターズ先発今永も安泰という訳でもなく、2回にノーアウト満塁の大ピンチがありましがたが山本をダブルプレーに打ち取り最小失点で凌げました。4回2アウト1、2塁、5回2アウト満塁のピンチも凌ぎ試合を作りました。ただ、今永は前回124球投げたのも考慮したのか5回で降板。
6回から2対1の1点リードの中、中継ぎ陣が頑張りました。6回は武藤が3者凡退。
7回はエスコバー。坂本タイムリーヒット打たれて1失点、丸にも連打され2アウト1、3塁で岡本でしたが魂のこもったストレート3球で三振。1点リード守りました。
8回は国吉、9回は山﨑康晃がいずれも三者凡退に抑え勝利となりました。1人でもランナー出すと坂本、丸に回ってピンチ広がる可能性があっただけに2人とも三者凡退で抑えたのはでかかったです。
ラミレスが勝負をかけたジャイアンツ3連戦、見事な3連勝、ジャイアンツとのゲーム差が0.5になりました。ただ、すぐ後ろ1.5ゲーム差でカープがいますし、ちょっと気を許せば3位に落ちるでしょうし、まだまだ苦しい試合が続くと思います。火曜日からは広島でカープ3連戦です。3戦目の先発がどうなるのか気になるところです。
パットンが土曜日の試合の後怒って冷蔵庫パンチをして手が腫れてしまったようで登録抹消とやらかしたので終盤8回は三嶋、国吉あたりになりそうです。
夏に強いベイスターズは珍しい感じですが、山﨑康晃はじめリリーフ陣好調、先発も5人は揃い調子もいい感じです。打者はソト、ロペス中心、神里、宮崎の調子が出てきたので繋がり、進塁打、効果的なアウトになれています。これを続けて貯金増やしましょう。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です