8回追いつかれたけどリリーフ総動員で逆転は阻止、その裏いい攻撃で勝ち越し、ジャイアンツに連勝。

ジャイアンツ3連戦の2試合目。ベイスターズ先発の石田のバッティングがいいからなのか8番ピッチャーをまたやりました。チャンスでピッチャーに回るマイナスの面が出ず、9番1番の繋がりというプラスの面が出たからよかったですが自分は1番打てない打者が1番打席が少なくなるべきと思う反対派です。

石田はストライクで勝負できていたように思います。決め球に苦労して打者に粘られ最後真ん中いって打たれるというパターンはありませんでした。6回3失点、3点取られらた後は後続は抑えたのでいいピッチングだったと思います。
6回は先頭打者を振り逃げで出塁させてしまいましたが、嶺井のキャッチングのイケてなさのせいなので石田には辛かったと思います。ただ、ベイスターズの守備はこの手のべいすボールがつきものなのでそれ込みでピッチャーは頑張らないといけないところがあります。ただ、その後は大和のファインプレー2つで2アウトまではきました。丸に対するフォアボールが余分でした。5点リードがあったんだから丸ともっと勝負してよかったのかもしれません。ただ嶺井の配球はインコースばかりで体力的にもキツイところで投げるのが難しかったかもしれません。
打線は相変わらず大して打ててはいないですが絶好調ソトを中心に調子が戻った神里が絡んでベイスターズらしさが全くない効率よい攻撃ができました。
初回、先頭神里がフォアボールを選び、盗塁を決めました。ジャイアンツ先発今村は左ピッチャーですが、いいスタート出来ました。更によかったのは宮崎の進塁打です。自己犠牲のチームバッティング、理想的なつなぎができました。ソトが1アウト3塁からキッチリ犠牲フライ。1アウトランナー3塁からの得点がなかなかできなかったベイスターズとらしくない先制となりました。
3回は8番ピッチャーのプラスの面、9番大和、1番神里が連打。宮崎凡退(ここは進塁打ではなくヒット狙いでレフトライナー)しましたがソトが見事な3ランホームラン。好調さを感じさせるバッティングでした。
4回には中井にもホームランで5対0。
6回に岡本3ランで2点差となり、8回、この試合のドラマとなりました。
8回パットンが登板。代打阿部、若林の連打でノーアウト1、3塁。続く坂本に対して初球の外角ストレート、2球目の外角スライダーいずれも際どいコースをボールと判定されパットンのストレスはMAX。2ボール1ストライクからの4球目、もうボールは投げられないと腕をいっぱい振れずやや置きにいった内角ストレートを捉えられ2ベースヒットで同点となりました。先頭打者を出してしまうと苦しくなるパットンの悪い面が出てしまいました。次打者は丸、ラミレスはパットン諦めエスコバーに交代。エスコバーは力勝負のストレートで丸をセンターフライに打ち取りました。前の打席でホームラン打ってる岡本は申告敬遠し亀井勝負を選択。期待に応えてエスコバーが亀井をストレート詰まらせセカンドゴロ。ラミレスは慎重。ここで国吉に交代。国吉がゲレーロを打ち取り3アウト。勝ち越しは阻止しました。ラミレス執念の継投が実りました。
その裏はジャイアンツ中川に対して宮崎が2ベース、ソトは進塁打のセンターフライ。1アウト3塁で筒香。筒香は怪しかったけどジャイアンツバッテリーにミス、キャッチャーパスボールで勝ち越し。
9回は山﨑康晃が完璧なピッチング。先頭のしぶといバッティングの重信をツーシームで三振に打ち取り、そのまま三者凡退で勝利となりました。
進塁打、犠牲フライなど効果的なアウトで効率よく得点、石田が好投。8回を中継ぎ総動員で逆転阻止してその裏勝ち越し、9回はストッパーが完璧に抑えるといういい試合でした。日曜日、今永先発、ジャイアンツ戦3連勝のフィナーレに向けて舞台は整いました。ジャイアンツ先発は桜井、佐野、乙坂が使えるのでもっといい試合ができると思います。キャッチャーは嶺井でいくんだと思いますが、捕球ミスの削減お願いします。
ジャイアンツ戦3連勝ファン含めたみんなで勝ち取りましょう。
でも火曜日からはカープとの3連戦。厳しい試合が続きます。出し切り過ぎて抜け殻にならないようにはお願いします。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



Source: それでもベイスターズが好き

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です