雄洋の通算1,000本安打が貴重な追加点を生み出した!読売3タテで0.5ゲーム差

\雄洋優勝/

6番セカンドでスタメン起用された石川が最高の大仕事をやってのけました。
通算1000本安打を三塁打で達成
一塁線を破る打球を見て、二塁から三塁に向かったのは好判断でした。
ただ返球が逸れていたので、三塁でヘッスラをしていなければそのままホームまで行けたかもしれませんでしたね。
上田コーチの指示はあったのでしょうか?
その後に嶺井がヒットで返してくれて本当に良かったです。
嶺井はボールを後ろに逸らさなければいうことないのですがね。

さて、本日はハマスタBAYビアガーデンにおりました。

夕方なので暑さのピークは過ぎたとはいえ、それでもまだまだ暑い!
ここで私事ですが、明日は私の誕生日なのでいつもの仲間たちがビアガーデンでお祝いしていただきました。
かけがえのない、共にベイスターズを愛する仲間たちに恵まれて本当に私は幸せ者です。
この場を借りて、御礼申し上げます。
みんな、いつもありがとう😊
これからもよろしく!
さて、本日の試合の振り返りましょう。
先発の今永がリーグトップタイの10勝目!
今季読売戦初勝利となりました。
初回は三者凡退と最高のスタートを切りましたが、2回にノーアウト満塁のピンチを山本の併殺打による1点のみに抑えたのはさすがでしたね。
4回、5回もピンチでしたが、読売に得点を与えませんでした。
しかし球数がかさんでしまい、5回でマウンドを降りることになりました。
正直、今日の今永には長いイニングを投げてほしかったです。
昨日、パットン将軍が冷蔵庫とステゴロをやってしまい、自らの商売道具である拳を負傷して登録抹消してしまいました。
勝利の方程式が崩れてしまった今、6回のマウンドに上がったのは武藤でした。
6月22日の楽天戦、あのワースト記録を連発した試合で3番手で登板した武藤が3イニングを無失点に抑えたのは記憶に新しいと思います。
個人的にあの試合以来、武藤にはこっそり期待しているのです。
今日もキッチリ三者凡退!ナイスピッチングでした。
7回は「男は黙って投げるだけ」とエスコバーがマウンドへ。
しかし坂本のタイムリーで3-2の1点差となってしまいました。
パスボールの後にタイムリー、最悪の展開でした。
さらに丸にもヒットを打たれましたが、岡本には159キロのストレートで空振り三振!
8回の国吉は、圧巻の三者連続三振と宝石のように輝いてました。
カットボールとストレートで読売打線を寄せ付けませんでした。
そして最終回はヤスアキが3連投も、キッチリ三者凡退でゲームセット
DeNA 3-2 読売
勝  今永 10勝5敗
負  桜井 5勝2敗
S  山﨑 2勝1敗25S
序盤から両チーム共にチャンスを作りましたが、タイムリーは出ず1点を取り合う展開になりました。
それだけに、6回の1点は本当に貴重でしたね。
ヒーローインタビューは、もちろん1000本安打を達成した石川でした。
インタビュー後、筒香キャプテンからお祝いのケーキが渡され、選手たちの集合写真を撮っていました。
DeNAの初代キャプテンである石川の人となりが本当によく分かりました。
今では考えられないことですが、ガラガラのハマスタを経験し、暗黒時代の象徴と言われたこともあったでしょう。
時には野次に耐えられず、耳栓をしてバッターボックスに立っていたなんてこともありましたね。
石川雄洋とは、今のベイスターズにおける精神的支柱です。
読売に3連勝、ゲーム差がついに0.5となりました。
この結果は本当に嬉しいですが、まだ首位に立った訳ではありません。
勝って兜の緒を締めよ!です。
火曜日からマツダスタジアムで広島戦です。
読売とのゲーム差が0.5になりましたが、広島とのゲーム差は1.5なのです。
最低でもカード勝ち越しといきたいですね!
そして、石川雄洋には絶対に栄冠を掴んでほしい。
それではまた🖐
 
\I☆YOKOHAMA/
 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村

↑↑良かったらボクをクリックしてたぬ
応援ヨ・ロ・シ・ク!!

Source: 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です