宮﨑敏郎さん、痛めてたのは脇腹じゃなく左手だった

          

1: 風吹けば名無し 2019/08/07(水) 22:31:20.83 ID:Cke0brfh0

あっ…
DeNAにアクシデント、宮崎が苦痛に顔をゆがめて交代 ラミレス監督「左手を痛めた」
◆広島0―4DeNA(7日・マツダ)

 DeNA・宮崎敏郎内野手(30)が7日、広島戦(マツダ)の6回2死一塁の第3打席でスイングした際にファウルで左手首を負傷。カウント3―2で代打石川を送られ交代した。

 宮崎は試合中に宿舎に戻り治療に専念した。ラミレス監督は試合後「ホテルに帰って治療している。明日(8日)になってみないとわからない。昨日(6日)も少し左手を気にするそぶりをしていた」と説明した。

 指揮官は「色々なオプションがある」と、万が一の事態に備えて2軍から選手を合流させる可能性があることを示唆した。

 宮崎は昨季まで2年連続3割の正三塁手。今季はここまで103試合で打率2割7分9厘、13本塁打、44打点をマークしていた。

DeNA・宮崎 左手を痛め交代 ラミレス監督「もしかしたら何日か前から痛めていたかも」
 ◇セ・リーグ DeNA4―0広島(2019年8月7日 マツダ)

 DeNAの宮崎敏郎内野手が広島17回戦(マツダスタジアム)で左手を痛めて負傷交代した。

 6回の打席で2ボールからの3球目にファウルを放った際に顔をゆがめ、6球目のファウルの際に再び苦痛な表情を見せて、代打が送られていた。試合途中に治療のため宿舎に戻った。

 ラミレス監督は「昨日も気にしていたので、もしかしたら何日か前から痛めていたかも」と話し、今後については状態を見て判断することになりそうだ。


続きを読む

Source: De速

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です