☆筒香2発も、継投失敗…あすへ切り替えよ 8/11日DB-D~横浜

横浜19回戦DB12/7 観衆32,072
D102 006 100_10 17 1
DB050 000 003_ 8 13 1
勝・又吉 2勝3敗
S・ロドリゲス 2勝4敗1セ
敗・武藤 0勝2敗
HR DB筒香22号③(2回)筒香23号②(9回)ソト30号①(9回)
  D福田12号-満塁(6回)
中・笠原2-三ツ間2-又吉1-福1-藤嶋2-岡田2/3-ロドリゲス1/3
横・今永5-武藤1/3-藤岡2/3-飯塚1-齋藤1-国吉1
開始18:00
時間3:40
内野A指定一塁側BN裏
D6表二死満塁、阿部押し出し四球勝ち越し
*試合経過は「続きを読む」以降
■所感
 最終回2発反撃も届かず。。。なんだか「追い付かない程度の反撃」との揶揄されそうな展開自体久々ですなぁ
 賛否両論分かれそうな、6表での継投。10勝挙げている今永を2点リードで交代した。9連戦中で中継ぎ疲弊させているとはいえ、個人的には違和感なかった。どうしても球数が多くなりがちな投手。前回中9日での登板でも、本来の投球には程遠く。今回も球威で押しながらも1番平田2番大島には手が付けられない状況(どちらも今永対3打数2安打)。5イニング8安打で長いイニングは望めそうもない中での継投ゆえ、また今後も毎週登板することが求められるゆえの交代。私個人的にはやむを得なかった。
 継いだ武藤がいつもの球威無く弾き返される状況、一死しかとれないのは想像できず、さらに継いだ藤岡も1アウト重ねだが押し出し4球四球でさらに満塁被弾。。こういうこともあるとしか。
 悔やむなら。鮮やかな2ウラの逆転劇以降、8回まで中日救援陣をとらえることができなかったのが遠因にはなった。打撃も守備でも中日のギリギリのプレーで流れを受け渡す格好になってしまった。
 痛い星を落としたが切り替えるしかない。ブルペン陣もやりくり難しいがそれはGもCもTも同じ状況。ズルズルいかないことが肝要。
DSC_6103
DSC_6099

続きを読む

Source: 夏の日の幻想

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です