冷蔵庫で骨折パットン、クライマックスシリーズで復帰へ意欲

1

1: 風吹けば名無し 2019/08/15(木) 21:30:09.62 ID:JdrsYdKvd

 冷蔵庫を殴打し右手を骨折したDeNAのスペンサー・パットン投手(31)が15日、横須賀市の2軍施設でリハビリを行い、術後初めて取材対応。10月初旬のクライマックス・シリーズ(CS)での復帰へ、意欲を語った。

 「骨がどのくらいで治るか次第ですが、投げ始められるようになればすぐにでも投げたいという気持ち。目標としては6-8週間でチームに戻れればいい」とパットン。

 先週、米国で整復手術を受けた右手はまだ固定している状態だが、再来日後はすぐにリハビリを開始。現在は右手以外の上半身や、下半身のトレーニングを行いつつ、「ちょっとずつ指を動かしたりもできるようになっている」という。

※全文は下記リンク元より


続きを読む

Source: ベイスターズ速報@なんJ

最短、最速で、 ネットビジネス成功者になる為には、 正しいノウハウを身につける必要があります。 完全無料のノウハウはコチラ ↓↓↓ ※この情報は、 期間限定公開なので、 いつまで公開しているかわかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です